ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

生産者さんを訪れる家族での旅 岡山


c0174121_13470828.jpg


我が家の主食を支えてくださっている岡山の赤木農園さん。
在来品種の菜なっこ朝日米という品種の米を、環境保護を考え除草剤、農薬なしで30年以上栽培されている、温かみ溢れる農家さんです。


c0174121_13020852.jpg

(アンジェリアの花はとても美味しい蜜も採れるようで養蜂たちもいました)


今の時期は田んぼ一面にいろんな花が咲いています。

この花たちは観賞用ではなく、鋤き込むことで発生する有機酸を有効利用し、草の生育をおさえるそうです。

花が植わっていたところに何故か草があまり生えなかった・・・という気づきから、赤木さんが研究して築いてきた農法です。

もう何年も前から子どもたちにお花畑を見せてあげたいなーという主人の願いもあり、主人以外ははじめての訪問でした。

c0174121_13101552.jpg

(お花を摘んだり、米作りのおはなしをしたり)

c0174121_14193809.jpg
(倉庫や機械をみせていただいたり)

アンジェリア咲く田んぼを訪ね、トランクにたくさんのお野菜をお土産にもたせてくださり、お話もたくさん聞かせてくれて。

お忙しい中、本当にありがとうございました。



c0174121_13085569.jpg

こどもたちは、おなかの中から赤木さんとこの米で育っています!

そして驚いたことに、こどもたちの通うこども園もこちらのお米ということがお話の中でわかり、改めて素晴らしいものを食べさせてもらっているんだなと感謝がわきました。

我が家は分搗き米で食べ、取れる糠はぬか床の補充にしたり、お庭のコンポストに入れて土に還しています。


c0174121_13313761.jpg

(草笛の仕方を教わっています)
c0174121_13344516.jpg
(むずかしいなー)

その日は倉敷に泊まり、美味しいもの食べて、ぶらぶら散策して、久々の家族4人旅行となりました。

こどもたちが嬉しくてはしゃいでいたのが印象的!

c0174121_13485943.jpg
(手続きを待つロビーにて、こんな姿にも成長かんじる)
c0174121_13493123.jpg
(倉敷から少しドライブし、児島へ)
c0174121_14154696.jpg

(電車で瀬戸大橋を渡り、弾丸香川県へ)


c0174121_14174305.jpg


c0174121_14182323.jpg
(瀬戸内のおいしい海の幸もいただきました、今年初の鱧)

先日のぬか床レッスンでは、赤木さんのお米の糠を使っての糠床おこしでした。
それは、また次回・・・。

c0174121_14145779.jpg

昨日、お知らせをアップした梅シロップの会、残り2席となっています。
材料の発注のため、1週間前には受付を終了いたします。
一緒に、おしゃべりしながら気軽な梅仕事しましょー!















[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-30 14:09 | | Comments(0)

からだにやさしい梅シロップの会のお知らせ

c0174121_14494687.jpg
本日は我が家の梅の木の収穫を!
ふつうサイズと小梅と2種類、6-7年前に主人とまだ付き合っていた頃に
ふたりで1本づつ購入して植えた木です。


c0174121_15000655.jpg
追熟させる分と青梅で加工する分を仕分けし、シロップと梅干しを作ろうと思います。

これからどんどん梅がでてくるこの時期、
季節の台所仕事としての旬の梅を保存する会がしたいなーと思い、
急なお知らせですが、開催をいたします!

c0174121_14494658.jpg

梅仕事、というとたいそうに聞こえますが、梅シロップや梅サワーは
簡単にできる手仕事で、材料を選べば市販では味わえないやさしく
ヘルシーな自家製ジュースやかき氷の密に重宝します。

お喋りを楽しみながらつくる気軽な『梅シロップの会』
どうぞお越しくださいねー!

日時
6月14日
10.00-12.00
残席2名

参加費
1000円(材料費別)
ハーブティとお菓子つき

持ち物
保存瓶(2L)、洗った梅を入れるボウル(ザル)、梅をふく布巾、エプロン
*保存瓶は消毒をしてお持ちください

場所
ハーブとフィトテラピー sorali
https://www.sorali.info/
(駐車場有り)

お子さま連れの方は、お子様の年齢、人数をお知らせください。

参加のご希望は梅の発注の準備があるので、6日までにお知らせください。
材料準備のため1週間前からキャンセル料100%が発生いたします。その際は、
材料はお渡しします。

SNSダイレクトメッセージ、または
info@yukashi-localfood.com
080-4023-710
まで

材料費は別途、1800円前後になります。
梅の価格により変動致します。
無農薬有機栽培の梅、甜菜含蜜糖、国産はちみつの材料で作ります。
梅1キロで仕込みますが、追加も可能です(材料費実費のみ)お申込み時にお知らせください。

ソラリさんの素敵な空間で楽しく梅シロップつくりが出きるといいなと思います!
c0174121_14494626.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-29 20:00 | 料理教室 | Comments(0)

香草ハーブとおいしいごはん会 @sorali



c0174121_22465649.jpg
緑が徐々に色濃くなってきて、ハーブも元気よく生き生きと育ってくる季節。

ハーブは薬草として有用な植物であるとともに、料理の香り付けやアクセントに活躍する香草です。
その栽培は見た目にも可愛らしいので、お庭でハーブを育てている方も多いと思います。

ハーブをより身近に感じてもらいたい、美味しい食べ方を知ってもらえたらな、
そして何より集まる人々と楽しい時間を過ごせたら・・・

c0174121_23340393.jpg
日々のごはん作りを楽しむ食卓セラピーとして、ハーブの専門であるsoraliと
料理の専門であるyukashiのコラボでこの度開催します。

ハーブのお話や試飲、料理のデモンストレーションや説明などを交え、
自然豊かな香草を使ったお料理やフレッシュハーブのお茶などをみなさんと
ゆっくりと楽しみながら召し上がっていただくごはん会です。

c0174121_23175544.jpg

メニュー/プラグラムのご案内
sorali
ハーブの紹介と効能のおはなし
ハーブのシーズニングソルト作り(お土産付き)
フレッシュハーブの飲み比べ

yukashi
初夏のハーブエスニック料理の紹介
料理のデモンストレーション&レシピ説明
-ファラフェロ(ひよこ豆のスパイスコロッケ)
-キヌアのタブリ(キヌアとパセリのサラダ)
-ザジキ(ギリシャヨーグルトとハーブのディップ)
-天然酵母パン
-トマトのコンポートとバニラアイス

日時
6月20日(水曜日)
11:00〜13:30
残席1名

参加費
4500円(ハーブソルト持ち帰り、ランチ、レシピ込み)


場所
ハーブとフィトテラピーのお店
姫路市南八代町15-1 (駐車場有り)


予約、問い合わせ
yukashi 080-4023-7170
または、info@yukashi-localfood.com
ソラリさんへのお問い合わせ&ご予約も可能です

c0174121_23233825.jpg

c0174121_23350925.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-19 23:24 | イベント | Comments(0)

日々のごはんつくりと繋ぎたい家庭の味

c0174121_12312812.jpg

ある日のよるごはん

ご分搗き米
塩豆腐の葛餡
塩鮭(子ども用)
鰹のたたきと新玉(おとな用)
ブロッコリーの胡麻和え
ごぼう、春人参と昆布のきんぴら
胡瓜の南蛮漬け

こどもたちに出汁を味わってもらおうと豆腐を合わせ一番出汁で炊いて、醤油、味醂、酒で味をととのえ葛を溶きました。
あとは、息子が好きなおかずを。
ブロッコリーは子どもたちふたりで一株ぺろりでした。

厚みのある利尻昆布の出しがらを千切りにし、きんぴらにすると子どもたちも食べてくれます。
きんぴらにも一番だしを使い、コクを出して調味料は少なめにし関西風の味付け。
こういうひねりのない、普通のごはんが実はいちばん好きだし、しみじみ美味しいなぁとほっとする。

c0174121_21023778.jpg
(ぬか床をお世話する4歳の息子)

先日、ぬか床の手入れをしていたら、
「なんかいいにおいがするー!」と台所にかけよってきた息子
人参のぬか漬けが大好物です。
ぬか床をいい匂いと表現したのを耳にして、
あぁ、私はなんかまずまずうまくやってこれてるかな?
と思いました。
毎日世話する私ですら、そんなにいい匂いとは思わない・・・。
だけど、なんだかほっとする匂いです。
経験が食性をつくるひとつの例かも。

こどもたちが2歳と0歳で、育児に追われて毎日必死にあっという間に過ぎていた頃、
きちんとご飯をつくりたいと工夫していたけど、時折あれ?と、ふと違和感を感じることも。

ごはんを作ることを中心にせかせかと時間がすぎるのではなく、
ゆとりがあってこそ、こどもたちに向き合える余裕も生まれるなぁと実感することが。

それから、夕飯の支度はそのときに1時間以内でできるものを、としています。
もちろんハレの食卓の日もあれば、つくりたいメニューがある日もあるから、必ずしもではないけれど。
一汁一菜でも美味しくバランスあるご飯を、それは決して手抜きではないのだと学びました。

基本がしっかりと身につき、下ごしらえが丁寧なごはんは美味しい。
そして、ぬか床があることで何度助けられたことか!
おいしい出汁をストックしておくことの心強さ。
ぬか床は生の食材の酵素、発酵食品の微生物がとれ、何より我が家の味がうまれること。
すばらしいスーパーフードです。



c0174121_21040111.jpg
料理時間に余裕が生まれたからこそ、こどもたちに台所においで~
一緒に料理しよう〜という余裕も生まれます。毎日ではないけどね!

今日は、豆腐と庭のにんにくの芽をいれた豚シュウマイ、鶏出汁と魚介のスンドゥブチゲ、豆ご飯の献立でした。
豆をむいて、のっけて、蒸す前、蒸したあと、と過程を一緒に楽しみました。
ぬか床は、そろそろ息子に任せられるようにしたいな。


c0174121_12312925.jpg

苺の季節
苺は5月が旬、かわいい花も大好きだけど、やっぱりこの赤く実った果実はかわいい!
c0174121_12355724.jpg
お友達のお庭で摘ませてもらい、
c0174121_12355872.jpg
嬉しすぎ!

c0174121_12355892.jpg
赤いほうが美味しいと失敗を経て学ぶ。笑

c0174121_12355820.jpg

c0174121_12355982.jpg
お庭の羊の毛刈りのお手伝いでした。
わたしは、上手に毛をかってあげる自信がなくて見ているだけでしたが
毎年恒例のこの行事、そんな季節になったんだなーと感じさせてくれます。

旬が育っている場所にいき、
食材を触り、
料理をして、
美味しくなっていく過程を五感で感じ、
いただきます!と食事する。

わざわざと時間をさかずとも食育って日々のなかにあるんだろうな。

募集中の5月のレッスン↓



[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-16 12:29 | | Comments(0)

そろそろ梅の季節

c0174121_15132052.jpg

庭の梅の木もぷくぷくしてきています。
いつが収穫かな~。
c0174121_15132089.jpg

来月の中旬あたりに梅のワークショップをしたいなと思っています。
ぺちゃきちゃとお喋りの延長みたいな、ゆるい手仕事の会。

c0174121_15134231.jpg

c0174121_15134287.jpg

昨日は母の日
我が家にも嬉しいプレゼントがやってきました。
嬉しそうに手渡してくれるその姿に笑顔になれます!


[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-13 15:08 | 料理教室 | Comments(0)

おいしく万能な合わせ出汁

c0174121_12341031.jpg
(台所から香る出汁の匂いと朝の一杯の味噌汁)

和食や家庭料理に欠かせない出汁
離乳食のレッスンでも初回に基本である出汁の取り方をします。
お出汁を取るのは、手間で難しい・・・なんて声もよく聞きますが
とても簡単で手軽。
栄養や旨味が凝縮しているお出汁を日々に取り入れないのは勿体無い。
素材の味を引き立ててくれたり、コクのある出汁は調味料を少なく薄味に仕上げても美味しい。

c0174121_12453767.jpg
(昆布出汁を水で戻し中)

基本を覚えておけば、時間がないときは、ないときの取り方で応用もききますし、
昆布だしだけでも十分に美味しく、具材によっては私は味噌汁は昆布だしだけでも作ります。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、特にお出汁をとってお料理に活用してもらいたいなーって
思います。


c0174121_12455212.jpg
(美味しい出汁は万能の調味料に)

赤ちゃんや子どもは、昆布や鰹の出汁に含まれる旨味成分を”美味しい”と感じて好む傾向があるけれど、
日々の食卓にあるからこそ、その味に慣れ親しみ、食経験となって
美味しいなー、ほっとするなーと細胞レベルで馴染んでいくのだと思います。

何より、お出汁の香る台所は幸せな気持ちに
手の込んだお料理より美味しくひいたお出汁のある食卓が理想だな。

5月のレッスンでは、お料理の基本のレッスンもします。
去年も何度か開催したぬか床の会に、基本のお料理のレッスンをプラスにした内容。


今日もせっせとお出汁をとって、ぬか床を混ぜる日々
お味噌のレッスンを受けられた方は、気温も上昇してきたのでチェックしてみてくださいね。




[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-10 13:25 | | Comments(0)

メディア講座の二回目開催 5月15日

c0174121_12242184.jpg
GWが過ぎて日常が戻ってきました!
さて、来週は coboto bakeryさん講師によるメディア講座の2回目
前回のオーバービューからぐぐっと掘り下げて
写真の講座からWeb、フライヤー作りなど技術的なことにフォーカスです。
c0174121_12242197.jpg
(こちらは第1回目 参加者の皆さんのモチベーションがぐーんとアップ)


1回目を受講されていない方も、もちろんご参加いただけますよ!

第1回目のレポート

先週は、cobotobakeryの酒井さん講師によるメディア講座をomyogaスタジオ姫路にて。
広いヨガスタジオでリラックスしての受講は、一体感が生まれやすく良かったですね。
酒井さんによる毒舌!?トークに笑いが起こりながらも、テンポ良く進み、あっという間の3時間でした。
講座のお供にはsorali さんのハーブティをご用意しました。
店主、カメラマン、宿経営、地域活性、ヨガ、開店準備中、とご参加者さんは多岐にわたり、それぞれ新しい気付きやリマインド、モチベーションに繋がったようで嬉しいフィードバックも届いています。
我が家では、割りと日常でマーケティングやブランディングについての話をするのですが、それでもさて、自分に置き換えると、なかなか客観視する余裕がないのが正直なところ。
メディアを使いこなせずとも、仕事はこなせるし広がりますが、ボーダーのないいまの時代、使いこなせた方が可能性は広がるし有利なのは言うまでもありません。
これを機に向き合う時間を取ろうと思います!
ホームページもしあげなきゃ。
次回は5月ですよー!

c0174121_12242252.jpg
皆さん真剣に耳を傾け・・・
休憩中や講座後は交流されたり、情報交換されたり。
c0174121_12242242.jpg

定員には達していますが、若干のお席のご用意ができますので
ご興味のある方はご連絡くださいませねー!

c0174121_12242236.jpg
(OMYOGAの明るく快適なスタジオにて)

第2回目も楽しみです!

現在募集中のレッスン


お問い合わせ
info@yukashi-localfood.com
yukashi
西山 由紀子 まで




[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-08 13:04 | イベント | Comments(0)

料理教室とイベントのご案内 「2018 5月/ 立夏・小満 」

日差しが初夏になってきたなーと思えば暦の上では夏のはじまり。
こどもたちは競うように梅干しを欲して食べていますし、朝が早くて起こされる!
身体が夏仕様になってきたのねーと思うこの頃です。

さて、5月のお料理教室とイベントのご案内
ぬか床の会ではお料理の基本である、美味しい出汁の取り方、米の洗い方、野菜の扱い方もお稽古します。
基本のきを押さえた丁寧な一汁一菜と糠漬けがあれば、日々食べ飽きない、重宝する家庭の定番に。
ぬか床を仕込んだあとは、一緒にお料理をしたご飯と自家製糠漬けでお昼にします。

常備菜を使った季節のもてなし料理では、前記事
ヤマヒロさんでのレッスンと
同じお献立で。(材料の仕入れで素材は一部変更となります)
シンプルですが、華やかさあるアレンジのきくお料理です。


<スケジュール>

◇ 自分メディアの伝え方講座 2回目 (講師:コボトベーカリー店主)
5月15日(火曜日)
13:00 - 16:00

詳細 → 
(若干席のご用意可能)

◇ 離乳食講座 2回目
5月17日 (木曜日)
10:30 - 13:30

詳細 → 
定員となりました。単発での受講は可能です

◇ ぬか床と基本のお料理の会
5月24日 (木曜日)
10:30 - 13:30

《場所》
レンタルスペースshiro
http://shi-ro.orimachisya.com/#bm_shiro_enquiry
(駐車場4台、近隣にコインP有)

《参加費》
4000円 満席
(ぬか床持ち帰り、昼食付き)

《持ち物》
⚫︎ぬか床をつける容器
(そのままお持ち帰り頂きます)
⚫︎1リットルの水
(ペットボトル、又は水筒で)


◇ 常備菜を使った季節のもてなし料理
5月30日 (水曜日)
10:30 - 13:30
《場所》
ヤマヒロ はりまの杜 住宅展示場
(駐車場有)

《参加費》
4500円 残席4名
(レシピ、昼食、飲み物付き)

《持ち物》
エプロン、手拭き、筆記用具、持ち帰り容器(必要に応じて)


◎お問い合わせ、お申し込み
info@yukashi-localfood.com
080-4023-7170
西山 まで

*1週間前からキャンセル料が発生致します。
ぬか床の会においては、材料準備の都合で1週間前から100%の
キャンセル料となります。その際は材料、レシピはお渡しします。






[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-01 20:00 | 料理教室 | Comments(0)