ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

カテゴリ:料理教室( 127 )

便利な野菜だしと加工品の離乳食つくり

c0174121_22284029.jpg


お友だち同士で受講してくださっているグループの離乳食レッスン3回目でした。
足もと悪いなか、ありがとうございました!

今日は中期以降のメニュー
- 野菜だしのほうとう風うどん
- 重ね煮野菜と高野のオムレツ
- 手作りふりかけ

こちらは、大人用、薬味たっぷりです。笑

赤ちゃんは取り分けで、重ね煮野菜、米粉でとろみを付けたかぼちゃスープ、

野菜だしの即席コーンポタージュでした。

c0174121_22284144.jpg



今日のテーマは、くず野菜のストック、安心な乾物や加工品の取り入れ方とアレンジでした。


c0174121_22284141.jpg

市販の美味しいお粥や、離乳食に使える無添加で砂糖なしの加工品もいくつか試食しました。
忙しいとき、外食や旅行中など離乳食を作れないときや、今日は楽したいな、そんなときも安心な加工品を美味しくアレンジして栄養もプラスできたら!


c0174121_22284179.jpg

国産小麦100%の食塩不使用のうどんは短く切ってあり便利。

茹でこぼす必要なく、とろみもついて一石二鳥でした。とうもとこしのフレークは、野菜だしで伸ばし、米粉でとろみをつけ即席ポタージュ。野菜だしの栄養と旨味もプラスのインスタントスープです。


c0174121_22284156.jpg

こちらのお粥は大人用に市販されている無添加の美味しいお粥さん。出汁で伸ばすと薄味になります。

レトルトでかさ張りもないのでストックしやすく、無添加の高品質のベビーフードよりずっと経済的。

毎日がんばるママが少しでも気負わず離乳食期を過ごせたら、と取り分けや便利な食材を以前より積極的に取り入れています。


c0174121_22292293.jpg

簡単にできる手作りふりかけをストックしておけば重宝します。こちらは、ひじき、しらす、ごま、梅紫蘇。

ひじきやしらすは食べやすいサイズに切り、乾煎りしてほんの少し煮きり味醂で風味付けしています。ソフトふりかけの感覚です。薄味の段階で取り分けて、あとは調味料をプラスすれば幼児や大人でも美味しく食べられます。


特に取り分けはコツを掴むと離乳食はどんどん楽になります。
大人とおなじご飯で味覚や食材の幅を広げるチャンスにも。
家族で同じものを食べる、そんなことも大事だと思っています。
だからこその大人の見直しごはん。家族みんなで美味しく栄養たっぷりご飯が理想です。


c0174121_22292208.jpg

c0174121_22292260.jpg





[PR]
by yukashi_cafe | 2018-07-05 22:27 | 料理教室 | Comments(0)

赤ちゃんごはん強化月間


c0174121_22441415.jpg
(リクエストのグループレッスンもスタート)

街なかに咲く紫陽花はしっとりと佇んでいるようで、この時期のたのしみのひとつです。
6月はありがたいことに、離乳食レッスンの開催が続きます!

ワークショップやレッスンでは、昔から仲良くしていただいているsoraliさんの空間を度々お借りしています。
c0174121_22453380.jpg
(ハーブとフィトテラピーのソラリさんの空間)
はぁー
落ち着く!
ふんわりとした空気感が心地よく、ここにいるとゆるみます。
明後日はここで、梅の会をしますよ。(満席です、ありがとうございます)

c0174121_22441582.jpg
(レッスンへはお庭に咲く季節の草花を摘んで向かいます)
今日も離乳食レッスンでした。
5ヶ月前後の赤ちゃんたち6人
ごろりんと寝かされて、しばらくすると・・・あちこちで泣き声
そんな赤ちゃんたちをぼんやりと見ていたら、
そうだねー。まだ意思通りに手も伸ばせなければ、言葉で伝えることもできない。
泣くしかできないんだよなーと、2歳4ヶ月と4歳3ヶ月のこどもたちと比べて、新鮮に感じていました。

この頃の泣くって殆どが要求なんだなーと。
”ママ~行かないでー、抱っこがいいよ” って
泣いて注意をひくしかできないんだったなーって新鮮でした。

だって、今なら
”ここで寝ない、抱っこがいい。抱っこー”って2歳の娘ならテクテクテクってやってくると思います。
そう考えると、大きくなるにつれて、どんどん泣く回数って減っていってるんですよね。

そんな成長をふと振り返れたひとときでした。


c0174121_22453201.jpg
(離乳食で調理した新鮮でおいしい播磨の食材たち)

料理教室では、離乳食でも一番大事にしているのは旬です。
美味しい食材を、おいしい時期に、美味しく調理し、美味しく楽しくいただく。
それは、どの年齢対象でも変わらない芯の部分です。
赤ちゃんの舌は真っ白なキャンバスです。
それをどう色付けていくかは離乳期しかり、日々の家庭ごはんです。
離乳食の時期だけが大切なのではなく、日々の食卓、その土台の部分がしっかりとしないと
切った張ったになってしまう。だって、食べるって生涯、ずーっと続くんだもの。
だから、調理の基礎をひっくるめ、まずは自身が美味しい!と身体が喜ぶごはんをつくる、それが大事だと思っています。


c0174121_22441596.jpg
(離乳はじめの赤ちゃん用に重湯と重ね煮野菜のピューレ)

そして、頑張りすぎない。
これも大事!
だって、赤ちゃんのお世話がはじまったら、なんだかわからないけど時間がなくて大変なのです。
取り分けができるようになれば、どんどん取り分けし、
便利で美味しく安全な乾物や加工品にはチャレンジしよう。
大人ごはんを見直して、おうちごはんを整えたら離乳食も楽に、安全でおいしくなります。



c0174121_22453386.jpg

イヤイヤ期真っ只中の娘
なかなか大変なこともありますが、
離乳食の頃から
”おいちー、おいちー”と呪文のように言ってくれていました。
いまでは、
”おいしいねー。ママのつくるご飯はおいしいねー”
と毎日言ってくれます。
なんてことない、味噌汁を出しても。笑
家族の”おいしい”
それは私の一番の原動力です。

c0174121_22453402.jpg

c0174121_22453466.jpg

最近、すっかりとお兄さんな息子。
先日は、笑顔で急に拭き掃除をしてくれました。
本当に、助かるので
心からの
”ありがと~、すごい助かるわー”の言葉が出ました。

そんな息子は男子あるあるで、あまり保育園の出来事を詳細に教えてくれません。
台所に立っていた私にふと
”ゆうげんのお弁当はいっつもおいしそうやなー。ってみんなに言われる”とボソッと。
最近で一番うれしい言葉でした。
(毎週金曜日がおべんとうです)

家族のためにとつくる毎日のごはん、実は私が一番満たされているのだなーと思う出来事。

c0174121_22441543.jpg

そして、こちらも・・・

c0174121_22441455.jpg
充実タイム
仕事後のカフェタイムと、夕飯つくりながらのお酒
これがまたおいしいのですー。

さて、来月の準備でもしよう!


[PR]
by yukashi_cafe | 2018-06-12 22:42 | 料理教室 | Comments(0)

からだにやさしい梅シロップの会のお知らせ

c0174121_14494687.jpg
本日は我が家の梅の木の収穫を!
ふつうサイズと小梅と2種類、6-7年前に主人とまだ付き合っていた頃に
ふたりで1本づつ購入して植えた木です。


c0174121_15000655.jpg
追熟させる分と青梅で加工する分を仕分けし、シロップと梅干しを作ろうと思います。

これからどんどん梅がでてくるこの時期、
季節の台所仕事としての旬の梅を保存する会がしたいなーと思い、
急なお知らせですが、開催をいたします!

c0174121_14494658.jpg

梅仕事、というとたいそうに聞こえますが、梅シロップや梅サワーは
簡単にできる手仕事で、材料を選べば市販では味わえないやさしく
ヘルシーな自家製ジュースやかき氷の密に重宝します。

お喋りを楽しみながらつくる気軽な『梅シロップの会』
どうぞお越しくださいねー!

日時
6月14日
10.00-12.00
残席2名

参加費
1000円(材料費別)
ハーブティとお菓子つき

持ち物
保存瓶(2L)、洗った梅を入れるボウル(ザル)、梅をふく布巾、エプロン
*保存瓶は消毒をしてお持ちください

場所
ハーブとフィトテラピー sorali
https://www.sorali.info/
(駐車場有り)

お子さま連れの方は、お子様の年齢、人数をお知らせください。

参加のご希望は梅の発注の準備があるので、6日までにお知らせください。
材料準備のため1週間前からキャンセル料100%が発生いたします。その際は、
材料はお渡しします。

SNSダイレクトメッセージ、または
info@yukashi-localfood.com
080-4023-710
まで

材料費は別途、1800円前後になります。
梅の価格により変動致します。
無農薬有機栽培の梅、甜菜含蜜糖、国産はちみつの材料で作ります。
梅1キロで仕込みますが、追加も可能です(材料費実費のみ)お申込み時にお知らせください。

ソラリさんの素敵な空間で楽しく梅シロップつくりが出きるといいなと思います!
c0174121_14494626.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-29 20:00 | 料理教室 | Comments(0)

そろそろ梅の季節

c0174121_15132052.jpg

庭の梅の木もぷくぷくしてきています。
いつが収穫かな~。
c0174121_15132089.jpg

来月の中旬あたりに梅のワークショップをしたいなと思っています。
ぺちゃきちゃとお喋りの延長みたいな、ゆるい手仕事の会。

c0174121_15134231.jpg

c0174121_15134287.jpg

昨日は母の日
我が家にも嬉しいプレゼントがやってきました。
嬉しそうに手渡してくれるその姿に笑顔になれます!


[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-13 15:08 | 料理教室 | Comments(0)

料理教室とイベントのご案内 「2018 5月/ 立夏・小満 」

日差しが初夏になってきたなーと思えば暦の上では夏のはじまり。
こどもたちは競うように梅干しを欲して食べていますし、朝が早くて起こされる!
身体が夏仕様になってきたのねーと思うこの頃です。

さて、5月のお料理教室とイベントのご案内
ぬか床の会ではお料理の基本である、美味しい出汁の取り方、米の洗い方、野菜の扱い方もお稽古します。
基本のきを押さえた丁寧な一汁一菜と糠漬けがあれば、日々食べ飽きない、重宝する家庭の定番に。
ぬか床を仕込んだあとは、一緒にお料理をしたご飯と自家製糠漬けでお昼にします。

常備菜を使った季節のもてなし料理では、前記事
ヤマヒロさんでのレッスンと
同じお献立で。(材料の仕入れで素材は一部変更となります)
シンプルですが、華やかさあるアレンジのきくお料理です。


<スケジュール>

◇ 自分メディアの伝え方講座 2回目 (講師:コボトベーカリー店主)
5月15日(火曜日)
13:00 - 16:00

詳細 → 
(若干席のご用意可能)

◇ 離乳食講座 2回目
5月17日 (木曜日)
10:30 - 13:30

詳細 → 
定員となりました。単発での受講は可能です

◇ ぬか床と基本のお料理の会
5月24日 (木曜日)
10:30 - 13:30

《場所》
レンタルスペースshiro
http://shi-ro.orimachisya.com/#bm_shiro_enquiry
(駐車場4台、近隣にコインP有)

《参加費》
4000円 満席
(ぬか床持ち帰り、昼食付き)

《持ち物》
⚫︎ぬか床をつける容器
(そのままお持ち帰り頂きます)
⚫︎1リットルの水
(ペットボトル、又は水筒で)


◇ 常備菜を使った季節のもてなし料理
5月30日 (水曜日)
10:30 - 13:30
《場所》
ヤマヒロ はりまの杜 住宅展示場
(駐車場有)

《参加費》
4500円 残席4名
(レシピ、昼食、飲み物付き)

《持ち物》
エプロン、手拭き、筆記用具、持ち帰り容器(必要に応じて)


◎お問い合わせ、お申し込み
info@yukashi-localfood.com
080-4023-7170
西山 まで

*1週間前からキャンセル料が発生致します。
ぬか床の会においては、材料準備の都合で1週間前から100%の
キャンセル料となります。その際は材料、レシピはお渡しします。






[PR]
by yukashi_cafe | 2018-05-01 20:00 | 料理教室 | Comments(0)

ヤマヒロモデルハウスにて料理教室開催

お出かけ日和のつづくGW
そして本日は5月の初日、新緑がとても美しい時期になりました。
太陽に照らされた緑の爽やかさにはっとなります。

先週は、木の住まいを手がけるヤマヒロさまにて
お料理教室を開催させて頂きました。

テーマは、常備菜を使った季節のおもてなし料理
お料理の中で最も大事にしていることは
「旬の素材を活かし味わう」ということです。
c0174121_21571521.jpg
(筍、セリ、あさり、ハーブと薬味のきいたアヒージョ)

それには、鮮度と状態の良い素材はもちろん、丁寧な下ごしらえも大事です。
春は緑や淡い色の野菜が多いので、食卓も自然とそのような色味になるのも
旬の食材を使うことで自然と気づくようになりました。

日々お料理をするようになり、20年以上が経ちましたが台所にたつのはなんで飽きないのか・・・。
大好きだということはもちろん、季節に応じて手にする旬のものに、
毎度の新鮮さとわくわくをもらい、クリエイティブになれるからかもしれません。


c0174121_21104780.jpg
(香味野菜の塩豚とレンズ豆の煮込み)


c0174121_21140942.jpg
(ギリシャ風ヨーグルトのディップ、ザジキ)

とはいえ・・・
2歳と4歳さんを子育て中のいま、毎日が多忙です。
時間が飛ぶようにすぎるとはこういうことか・・・と日々実感しています。
なので、凝りすぎていない実用的なレシピが増えてきたようにも思います。

今回のお料理は基本の調味料は塩くらいで、上質なオリーブオイル、フレッシュなハーブが隠し味です。
そろそろ新ニンニクの季節なので、そうなればより風味豊かになると思います。
そのくらい、ひとつひとつの素材が味の決め手になる!


c0174121_21580023.jpg
(新玉ねぎ味噌)

いいかえれば、旬の新鮮でおいしい素材と上質な調味料があれば、そこそこ美味しく仕上がる!
だけど、それではお料理教室にきている意味がないので、笑
下ごしらえや、段取り、美味しく仕上げるポイント、アレンジの仕方などお伝えしています。

c0174121_21131665.jpg
(新緑の美しいお庭を眺めての食卓)

こちらのお献立で、今月にもヤマヒロさんにてレッスンを致します。
5月は、離乳食講座、ぬか床作りと料理の基本、常備菜を使った季節料理の3つを予定しています。
6月上旬にはソラリさんにて、ハーブ料理会(ランチ)を予定しています!
レッスンのご予約も明日より受付開始いたします!お待ちしています。


[PR]
by yukashi_cafe | 2018-04-29 21:33 | 料理教室 | Comments(0)

春のお料理教室へ





c0174121_12525096.jpg
(先日伺った日本料理のお稽古で使用した食材の一部)

春爛漫
今週より一気に気温も上昇、初夏を思わす日差しです。
参加した日本料理のお教室での一枚。

筍、生わかめ、かたくりの花、浜大根、花山椒、蓬、木の芽、桜と春があちこちに。
四季の移ろいを盛る日本料理は美しいなと改めて。
我が家でも絶賛タケノコの日々です。


c0174121_12525047.jpg
(お献立:煮豚とシトラスピーナッツ和え・桜鱒のバター焼き・木の芽餡・筍饅頭・筍そば・米粉の桜蒸しパン


c0174121_12512712.jpg


c0174121_12512752.jpg

我が家の小さなお庭にもあちこちが愛らしくなってきて癒やされます。

先月からひとつき、オーストラリアに住む姉家族が遊びにきていました。
日本語が日に日に上達する甥っ子たち。
帰る頃には関西弁(播州弁?)に。
同年代の彼らと、我が家のちびっこたちもめいいっぱい遊びました。

まだ小さな彼ら、記憶はどこまであるのかな。
だけど楽しい日々は刻まれているかな。


c0174121_12512715.jpg
(メニューの一部、右手がギリシャのヨーグルトディップ、ザジキです)


c0174121_13124792.jpg
(塩豚とレンズ豆の煮込み)

さて、そんなドタバタな日々が過ぎ、週末は春の教室をしそうの杉の家で有名なヤマヒロさまの
住宅展示場の快適なキッチンにて開催させていただきました。
そのレポートはまた後日・・・








[PR]
by yukashi_cafe | 2018-04-23 13:40 | 料理教室 | Comments(0)

4月スタートの離乳食講座の募集を開始します


c0174121_14195637.jpg

1月にスタートした2018年度の離乳食講座もあと1回で終了。
4月スタートの回(6月末終了)も募集を開始します。

c0174121_14182620.jpg

食の大切なおはなしから家庭でのごはんつくりとなる料理の基本、取り分けや大人ご飯との共食のポイント、
初期から幼児食やおやつまで盛りだくさんな内容を少人数で全4回を通して学んでいきます。

初回ははじめましてのママたちも、回を重ねるごとに仲良くなりリラックスした雰囲気になるのも
この講座ならでは。
離乳食は安全で栄養価が高いことはもちろんですが、味も見た目も美味しく、そして手間暇をかけすぎない。
そんなことも大事だと思います。
素材を活かす調理法で、味覚をそだてる赤ちゃんご飯をつくっていきますよ。


c0174121_14182678.jpg

c0174121_14182724.jpg
(第2回目のレッスンより)



c0174121_14182690.jpg

c0174121_14195531.jpg
(第3回目のレッスンより)
c0174121_14195575.jpg
(野菜くずで栄養満点ストックつくり)

c0174121_14182769.jpg

(第4回目のレッスンより)

離乳食講座のプログラム詳細は


日程
第1回目 4月26日(木)
第2回目 5月17日(木)
第3回目 6月 7日(木)
第4回目 6月28日(木)
(ただいま満席になります。単発参加はご相談ください)

時間
10:30〜13:30

参加費
各3000円
(単発でのお申込みは3500円)

持ち物
筆記用具、持ち帰り容器(必要に応じて)、エプロン、手拭きタオル

場所
レンタルスペースshiro
兵庫県姫路市鷹匠町41 鷹匠荘2F
駐車場4台あり※
http://shi-ro.orimachisya.com

お問い合わせ・お申込み
080-4023-7170
info@yukashi-localfood.com

西山由紀子まで



[PR]
by yukashi_cafe | 2018-03-22 14:15 | 料理教室 | Comments(0)

春休み 親子スイーツレッスン

春めいてきて、コートいらずの日も増えてきました。
春って大好きです!


c0174121_14524903.jpg
        (妹の誕生日ケーキを飾付け)


久しぶりに親子スイーツレッスンをします。
場所は、お味噌レッスンをしたハーブとフィトテラピー

のお店 Sorali


c0174121_21000706.jpg

日時
3月26日 月曜日
13.00~16.00


メニュー

ふわふわ米粉入りパンケーキ
にノンシュガーの美味しいトッピング
◎豆腐クリーム
◎ドライフルーツ餡
◎いちご、柑橘などフレッシュフルーツ


ふかふか~のパンケーキを焼いたあとは、いろいろ好きにトッピングしていただきます!

卵を割る、ふわふわに混ぜる、パンケーキを焼く、果物をきる、小豆をことこと炊く、豆腐クリームをブレンダーでグィーンと撹拌する。そして自由にトッピング。


どれをとっても子どもにはワクワクの作業

大人は見守り、サポートします。

なんでもそうですがお料理も、

やって見ないと上達はありませんし、工夫もうまれません。


普段なかなかお台所に一緒に立つ機会を持てない!

そんなおうちも多いはず。

年少さんくらいから、小学高学年くらいのお子さんまで

幅広くご参加ください。


参加費
親子1組 3500円

(こども追加1000円、参加しない赤ちゃんは無料)


定員 

親子 4組(満席)


連絡先
info@yukashi-localfood.com
080-4023-7170


[PR]
by yukashi_cafe | 2018-03-16 14:50 | 料理教室 | Comments(0)

楽しかった!こども味噌作りレッスン

こども料理教室 「季節の手仕事・味噌作り」@sorali が楽しく終了しました!
3歳児の年少さんから小学3年生まで。7人のキッズたちでワイワイ手前味噌を仕込みました。
各工程、みんなほぼ一人で。
少しの手助けのみで、みんな真剣にお話を聞いて、質問に答えて、集中して作業してくれました。

c0174121_14550468.jpg
soraliさんにちびっこにも飲みやすい風邪対策のハーブティをブレンドしてもらい、マンゴーと柚子果汁で割ってウェルカムドリンクに。
お味噌や大豆のお話のあとに、それぞれ各自で塩切り麹つくり。
麹をぱらぱらとほぐすところからスタートです。
c0174121_14560723.jpg

そして、指でつまむと潰れるくらいに柔らかく茹でた大豆をなめらかに潰していきます。




c0174121_14562011.jpg
ボーイズたちは、元気いっぱいパンチパンチーしていました。
あまりの元気さに袋が2回も破れたね。笑

c0174121_14544317.jpg
とっても丁寧にがんばっています!


c0174121_14554685.jpg

ひとり、ひとりチェックするよー。大豆は潰れたかな?

c0174121_14555115.jpg

塩切り麹と潰し大豆を混ぜます。底からしっかりと天地返しながら均等になるように、何度も何度も。
手助けしようとすると、自分でするよー!
できるよー!の声。
1時間近い作業でお腹もぺこぺこなはず。
みんな集中力がすごい!
c0174121_14553992.jpg

丸めるよ。床に散乱しています。笑

c0174121_14521018.jpg
丸めた味噌玉は袋に入れて持ち帰り。

c0174121_14570070.jpg

大きい子や小さい子、不揃いな味噌玉がとってもかわいい。
これは3歳児さんの味噌玉


c0174121_14563412.jpg

作業が終わったらエネルギー炸裂にはじけるボーイズたち。
はじめまして、の中こどもたちはすぐに打ち解けていました。
女子はその感、ヘルプのお母さんたちと一緒にお昼ごはんの準備を手伝ってくれていました。

c0174121_14564949.jpg

いただきます!
こどもたちには、バスのお弁当箱につめました。
炒り大豆ごはん、つくねの甘酒照り焼き、ぬか漬け、ブロッコリー胡麻和え、大豆の煮汁の味噌汁

c0174121_15121382.jpg

参加してくれたちびっこたち、お手伝いくださったお母さんたちありがとうございました!
本当に楽しくて、みんな可愛くて思い出の1日になりました。
半年後、1年後・・・
どんなお味噌になるかな?
家族みんなで楽しみに待っていてください!









[PR]
by yukashi_cafe | 2018-02-09 15:22 | 料理教室 | Comments(0)