ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

土作りワークショップ

先週、今週とLiving Soil Instituteの西山さんによる土作りワークショップを開催しました。

10月4日はガーデニングと土作り編、
7日は家庭菜園と土作り編、
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。
とても充実した内容で、やはり実際に外に出て作業(体験)をすることで、より理解度が深まりました。
引き続き、このようなワークショップを開催、お願いしたいなと思います。


4日のワークショップ会場は、ご近所のカフェ、パーランドさんです。
パーランドさんのブログに4日の記事がアップされています。

Thursday 4th
c0174121_23451251.jpg

c0174121_2345131.jpg

c0174121_2345143.jpg

c0174121_23451633.jpg

c0174121_2345172.jpg


木の根っこをみて、枯れた様子を土の下を視ることで知る。
ほんと、根っこが全然伸びてないのでした。少しかわいそうになる根っこ。

自家再生堆肥や炭を使って植物の生育に適した土壌改良をお庭で体験。
化学肥料や不自然な有機肥料を与えるのではなく、庭の土が森の土の状態になる手助けを。自然のサイクルを作ってあげます。写真にある黒っぽい土。これは元は枯れ木や枯れ草です。
本来、ごみとして焼却処分されるこれらを堆肥化することで、私たちの住む地球にとっては、黒いダイヤモンドとなります。

土が地球のスキン(肌)だとしたら、それを私たちの手で劣化、損失させるのではなく、リサイクルされた黒いダイヤモンドで覆ってサステイナブルな地球作りです。
この森の土と同じ堆肥を庭にまくと、なんともしっくりと庭の雰囲気が馴染み、美しくなります。
やはり、自然の状態が良いのだな、美しいのだなと思わされます。
そして、植物は正直ですね。
いきいき、いきいきと生育していきます。

そして、週末
7日の家庭菜園編では、西山さんのオフィスのある夢前にて講義後、畑を使っての実践でした。
Sunday 7th
c0174121_23451838.jpg

c0174121_23452040.jpg

c0174121_23452068.jpg

c0174121_23452199.jpg

c0174121_23452278.jpg

c0174121_23452481.jpg

c0174121_23452554.jpg

c0174121_23452686.jpg

c0174121_23452721.jpg

c0174121_23452859.jpg

c0174121_23452939.jpg

c0174121_23453033.jpg


リビングソイル研究所オリジナルの土の診断シートを使っての、土の見方の説明を受けました。
素人には、見分け方、改良方法や目明日がなかなか検討尽きませんが、こういったキットがあることで、状態を把握しやすくなります。
近々、診断キットとして販売されるそうですので楽しみです。

講義を受け、畑で土の見方の説明を受け、一度オフィスでティータイムを取りながら質疑応答がありました。
皆さまが太陽の下で土いじりをしている頃、私はいそいそとお茶の用意をしていました。
お菓子は、有機かぼちゃ(ふゆうまか)とメープルのケーキ、そしてオートミールとメープルのクッキー
どちらもマクロビ使用のお菓子です。奈良月ヶ瀬の和紅茶と古代小麦の穀物珈琲を用意しました。

ティータイムの後は、ガーデンに戻り、今度は菜園に適した土作りを、ダブルディッギングという手法を取り入れて通気の良い、根が伸びやすい土になるように実際に掘って頂いたり、らっきょうの苗植えを体験して頂きました。

4日、7日ともお土産にリビングソイル研究所の堆肥と、自家採取した種(固定種)や苗をお持ち帰り頂きました。早速、お家に帰って庭でガーデン(畑)づくりをされている参加者さんのレポートをみて、私も頑張ろう!と思ったのでした。

10月21日のサンデーマーケットでは、今回よりショートワークショップを開催予定で、10月は西山さんをゲストにワンコインで参加できる土のワークショップを依頼中です。

両日のワークショップ共、ご参加頂いた皆さまありがとうございました。
また是非、フィードバック、その後の植物や野菜の状況をお知らせくださいね!
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-10-09 23:25
<< 8月の料理教室では… 11月の教室スケジュール >>