ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

タグ:マクロビオティック ( 19 ) タグの人気記事

Macrobiotic Cooking Classes in Melbourne

12月はオーストラリア・メルボルンで料理教室を開催致します。
自然食やマクロビオティックに興味があるメルボルン在住の方、この機会に是非ご参加下さいね。
オーストラリアで入手できる食材で和ベースのマクロビ料理となります。
メニューは近日中にアップ致しますね。


以下、フライヤーより抜粋


マクロビオティックは、全粒穀物と季節のお野菜を中心とする日本の伝統食がベースの食生活法です。
自然と調和した食事を摂って、心と体のバランスを整えていきましょう。


<スケジュール>
レッスン
① 12月16日(日)11:00-13:00 (定員)
② 12月17日(月)11:00-13:00(定員)
Greensborrow 自宅にて
$40(4-5品)定員5名
レッスン内容
レシピ説明・調理実習・ランチ試食・(19日のみ講義あり)

イベント
Introduction of Macrobiotic
12月19日(水)14:30ー17:00
場所:Wabisabi Garden 17 Wellington st. St.Kilda
参加費:$40(定員20名)
内容
◆ マクロビ料理の試食(4~5品)
◆ レシピの配布と料理の説明
◆ マクロビオティックについてのおはなし

5名以上で出張料理教室致します。詳細はメールにてご相談ください。
申し込み・教室詳細
yukashi_cafe@hotmail.co.jp
http://yukashi.exblog.jp/ 

******************************
講師紹介
前川 由紀子(yukashi 店主 / Natural Food Coordinator)
マクロビオティック正食協会認定 師範

2006~2009年メルボルンにて雑穀料理を学び、雑穀食堂を主催しイベントや料理会を開催。2008年よりyukashiとして菓子製作や週末カフェをスタート。2009年10月に帰国後は、マクロビ料理や薬膳料理を学び、自然食カフェにてケーキやランチのレシピ開発/キッチンを半年間経験し、2012年4月に自然食カフェと料理教室『yukashi』をオープン。毎月のレッスンの他、出張料理教室やマーケット、イベントを企画運営。

yukashi 季節の料理とお菓子
yukashi の教室、カフェスペースではオーガニック素材を使用した自然食料理や素材の甘みを生かしたお菓子をご提案しています。料理教室では、マクロビオティックの考えや調理法をベースとした野菜料理のレッスンやナチュラルスイーツのレッスンを開催しております。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-11-23 15:32 | 料理教室

しぜんのめぐみ

c0174121_20285199.jpg

毎週土曜日にオーガニック朝市を開催している、町屋しょうあんにて
イベント「しぜんのめぐみを取り込む一日」を開催致しました。

ご近所の3店舗、Sorali、あさのは商店、yukashiでのコラボレーションでした。
参加下さったみなさま、ありがとうございました!

Soraliのイベント記事ブログ → 
あさのは商店のイベント記事ブログ → 

c0174121_20285212.jpg

c0174121_20285363.jpg


新鮮な播磨のオーガニック野菜、提供頂いたのは
右田農園リビングソイル研究所です。

c0174121_22563328.jpg


自然のめぐみですね。お野菜は100%、地の採れたてオーガニック野菜でした。
鮮度の高い美味しい素材を調理していると、エネルギーのおすそわけを頂けるのか、元気になります。

 姫路生姜の雑穀ご飯
 精進だしの味噌汁
 車麩のカツ
 水菜と粒蕎麦のサラダ
 蒸し里芋の甘酒味噌ソース

c0174121_20285445.jpg

c0174121_20285583.jpg

c0174121_20285615.jpg

c0174121_20285715.jpg


豆本つくり、ハーブティと楽しんで頂けたようで良かったです!

c0174121_20285885.jpg


お食事、豆本、ハーブティと楽しんでいただいた後は、平垣先生による「自然療法」のお話でした。
自然療法について、植物について、土について・・・
自然のあり方と向き合い方、広い範囲で興味深いおはなしがありました。
植物を使ったチンキ剤やクリーム、作ってみたいです。

c0174121_20285979.jpg


イベント終了後は・・・
ご近所の仲良し組、パーランドにて打ち上げ。
c0174121_2336646.jpg

何故か鍋に!
今季初のお鍋、皆で囲みながら美味しい旬の野菜を食べているとしみじみ、旬を頂く幸せを感じました。

イベントが終了し、ほっとしたのもつかの間・・・
11月はイベント出店や特別クラス、研修旅行など、12月の長期出張前に企画がつづきます・・・
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-10-26 20:27

土作りワークショップ

先週、今週とLiving Soil Instituteの西山さんによる土作りワークショップを開催しました。

10月4日はガーデニングと土作り編、
7日は家庭菜園と土作り編、
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。
とても充実した内容で、やはり実際に外に出て作業(体験)をすることで、より理解度が深まりました。
引き続き、このようなワークショップを開催、お願いしたいなと思います。


4日のワークショップ会場は、ご近所のカフェ、パーランドさんです。
パーランドさんのブログに4日の記事がアップされています。

Thursday 4th
c0174121_23451251.jpg

c0174121_2345131.jpg

c0174121_2345143.jpg

c0174121_23451633.jpg

c0174121_2345172.jpg


木の根っこをみて、枯れた様子を土の下を視ることで知る。
ほんと、根っこが全然伸びてないのでした。少しかわいそうになる根っこ。

自家再生堆肥や炭を使って植物の生育に適した土壌改良をお庭で体験。
化学肥料や不自然な有機肥料を与えるのではなく、庭の土が森の土の状態になる手助けを。自然のサイクルを作ってあげます。写真にある黒っぽい土。これは元は枯れ木や枯れ草です。
本来、ごみとして焼却処分されるこれらを堆肥化することで、私たちの住む地球にとっては、黒いダイヤモンドとなります。

土が地球のスキン(肌)だとしたら、それを私たちの手で劣化、損失させるのではなく、リサイクルされた黒いダイヤモンドで覆ってサステイナブルな地球作りです。
この森の土と同じ堆肥を庭にまくと、なんともしっくりと庭の雰囲気が馴染み、美しくなります。
やはり、自然の状態が良いのだな、美しいのだなと思わされます。
そして、植物は正直ですね。
いきいき、いきいきと生育していきます。

そして、週末
7日の家庭菜園編では、西山さんのオフィスのある夢前にて講義後、畑を使っての実践でした。
Sunday 7th
c0174121_23451838.jpg

c0174121_23452040.jpg

c0174121_23452068.jpg

c0174121_23452199.jpg

c0174121_23452278.jpg

c0174121_23452481.jpg

c0174121_23452554.jpg

c0174121_23452686.jpg

c0174121_23452721.jpg

c0174121_23452859.jpg

c0174121_23452939.jpg

c0174121_23453033.jpg


リビングソイル研究所オリジナルの土の診断シートを使っての、土の見方の説明を受けました。
素人には、見分け方、改良方法や目明日がなかなか検討尽きませんが、こういったキットがあることで、状態を把握しやすくなります。
近々、診断キットとして販売されるそうですので楽しみです。

講義を受け、畑で土の見方の説明を受け、一度オフィスでティータイムを取りながら質疑応答がありました。
皆さまが太陽の下で土いじりをしている頃、私はいそいそとお茶の用意をしていました。
お菓子は、有機かぼちゃ(ふゆうまか)とメープルのケーキ、そしてオートミールとメープルのクッキー
どちらもマクロビ使用のお菓子です。奈良月ヶ瀬の和紅茶と古代小麦の穀物珈琲を用意しました。

ティータイムの後は、ガーデンに戻り、今度は菜園に適した土作りを、ダブルディッギングという手法を取り入れて通気の良い、根が伸びやすい土になるように実際に掘って頂いたり、らっきょうの苗植えを体験して頂きました。

4日、7日ともお土産にリビングソイル研究所の堆肥と、自家採取した種(固定種)や苗をお持ち帰り頂きました。早速、お家に帰って庭でガーデン(畑)づくりをされている参加者さんのレポートをみて、私も頑張ろう!と思ったのでした。

10月21日のサンデーマーケットでは、今回よりショートワークショップを開催予定で、10月は西山さんをゲストにワンコインで参加できる土のワークショップを依頼中です。

両日のワークショップ共、ご参加頂いた皆さまありがとうございました。
また是非、フィードバック、その後の植物や野菜の状況をお知らせくださいね!
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-10-09 23:25

コラム 「食卓の上 on the table Vol. 14」

少し前のことですが、ゲスト講師による食に関するワークショップを開催しました。
テーマは「オーガニック野菜は何故美味しい?」

オーガニック野菜は美味しく体に良いというイメージを多くの人が持っていると思いますが、何故そうなのか?本当にそうなのか?と聞かれると、“なんとなく・・・だから”ではないでしょうか。そしてオーガニック野菜とは?という定義もいまひとつ分かりづらい。
そういった普段、なかなか知り得ない、農作法や作物の栄養や美味しさのルーツを知る講義を受け、その時の旬の無農薬・無化学肥料の地場野菜と、スーパーなどで売られている慣行野菜の食べ比べをし、味や見た目など違いを参加者全員で探って行きました。

野菜の甘味、えぐみ、旨み、濃さなど味の違いを感じ取り、それが育つ環境や背景について知る事ができ、それに伴って栄養価も違うのだということも知る事ができました。
第2回目の開催日も間近。どんな反応がでるのか楽しみです。

---------------------------------------------------------

鳥取ガスグループショールーム「Salute」の10月号に掲載中のコラムです。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-10-01 10:24 | コラム

焼き菓子

c0174121_13241126.jpg

焼き菓子が美味しい季節となってきました。
スイーツは、やはりシンプルな焼き菓子が美味しい。

本日のカフェスイーツは、
山葡萄のスパイススコーン
ゴボウの全粒クッキー
イチジクのブラウニー
ふゆうまか(南瓜)とメープルのケーキ
梨のクランブル全粒ケーキ

全て動物性、白砂糖なしのヘルシースイーツです。
南瓜ケーキは、アガベとメープルでキャラメライズしたナッツを飾ったら秋らしくなりました。

スイーツは、お持ち帰りもできます。
今週より、水だしアイス珈琲は終了しております。
珈琲は体を冷やす飲み物に入りますので、暑い夏が過ぎましたら、お気をつけ下さいね。

c0174121_13241288.jpg

昨日、豆乳のカッテージチーズを作ってみました。パンやパスタに、デザートに。チーズは美味しいですよね。
豆乳チーズ、どうアレンジしようかな。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-09-29 13:16 | お菓子

小麦、そして食でおもうこと

丹波の市島に出かけた際、いつも全粒粉でお世話になっている、「たんばのはたけ」に初訪問。
無農薬で小麦をはじめ、原木シイタケや小豆などのオーガニックファームをされています。
とってもひろーい場所をおひとりで、手で雑草をやっつけながら安心で美味しい作物の栽培をされています。

c0174121_9362849.jpg


麦は収穫が終わり、来年用の小豆の栽培をされいるところでした。

c0174121_9362983.jpg


麦も小豆などの豆類も、東の方の産地が多く、3.11以降、選ぶのに悩みどころでした。
今まで漠然と国産を・・・という選択でしたが、悲しい事にそうもいかない状況。
そして、マクロビオティックの身土不二の考えでもそうですが、やはり住む土地に近いものを選択するのが自然の摂理にそった食べ方だと思いますし、環境、鮮度、旨さ、栄養価含め、地産地消を心がけたいです。

小麦やきのこ類の放射性セシウム含量が問題になっているのをご存じの方も多いかと思います。海外産の小麦などはポストハーベストを懸念して、国産を今まで選んできました。全粒に関しては、玄米同様、無農薬のものをとオーガニックで統一してきました。
国産はブランドとして、安全なイメージが定着していますが、本当に悲しい事にそれがゆるいでしまった今の現状。産地を選び、飛ぶ情報を鵜呑みに出来ない、受け身では食を選択できない今の時代。

あまり、ウダウダ討論は好きではないですし、煽るような情報に振り回されたくもないので、割と客観的に見るようにしていますが、現状を少しのぞけばどこに向ければよいのか分からない虚しさが残ってしまいます。

日本は四季に恵まれ、美しい自然があり、食に恵まれ、私たちの先祖はすばらしい食文化を残してくれています。

安いから、便利だから、見た目にはわからないし・・・では選ばない選択、本物を選んでいく、旨いものを選ぶ。そしてそれが当たり前になっていって欲しい。

1本1000円の醤油が高いと言われます。
その価値を考えれば、それは本当に高いのでしょうか?
500円のお弁当を2回やめたら、昔ながらの製法の安心で美味しい本物の醤油が毎日使えます。

野菜にしても、農作物にしてもそう。
見た目と値段だけで選ぶ時代は、もうとっくに過ぎ去っています。
私たちが食べるモノ、からだをつくるモノ、循環していくモノ。
何を選びたいかな・・・と巡らせながらお買い物してください。
新鮮で、美味しいものがいいですしね!

そんなこんなと日々つらつら思うのですが、精製した小麦も「たんばのはたけ」さんで取り扱うようになったということで、悩みがひとつ消えました。

お店や教室で、小分けで販売も今後できたらなと思っていますので、ご入り用の方は声掛けてください。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-08-29 09:36 | 日常

無花果

c0174121_16101693.jpg


今週は、無花果を使ったヴィーガンブラウニー。

まだまだ暑いので冷たいデザートも。
ラムレーズン豆乳アイス&茄子のコンポート
全粒ブルーベリーマフィン

カフェのナチュラルスイーツをご用意しております。
マフィンやブラウニーは、お持ち帰り頂けます。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-08-24 20:06 | 季節のお菓子 メニュー

8月の料理教室メニュー

毎日、蒸し厚い日が続きます。
8月の季節野菜のクラスは、夏野菜を沢山使った涼しくピリッと辛いメニューです。

夏野菜は体内の熱を下げてくれ、水分を補給、またカリウムが多く、溜まった体内の湿気(むくみ)を排出してくれる働きがあります。
唐辛子や生姜、にんにくなどの辛みは、気血の流れを促す作用も高まります。
辛みや酸味で食欲が落ちるこの時期にも食べやすい、韓国精進メニューです。


8月 Harvest Eating 季節野菜のクラス

トウモロコシのスープ
夏野菜のピビン麺
精進ジョン(韓国風お焼き)
センチュ(生野菜のナムルサラダ)
トマトのコンポート

(メニューは予定です。食材の仕入れによって変更することがあります。)


スイーツのクラスは・・・もう少しお待ちください。
ロースイーツなども取り入れたいと思います。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-07-20 22:27 | 料理教室

鳥取ガス サルーテと農場


先週、招待を受け1泊2日で鳥取に行ってきました。
鳥取へは、ここ数年、縁があり何度か訪問しています。

初日、2日目と色々なスケジュールを組んで下さる中、コラムや料理教室の関係でお仕事をさせて頂いている、鳥取ガスのショールーム「サル―テ」と鳥取ガスの自社農場へも。

初日は、鳥取らしい観光場所へもご案内頂きました。

c0174121_9195657.jpg

c0174121_9195721.jpg


らっきょう畑。さらさらの砂地です。
ビーチの砂よりもさらさらでした。らっきょうの収穫を体験しました。
緑の葉の部分は切り取って、焼いて土に戻すそうです。
窓を閉めて車に乗っていても、らっきょうの匂いが車中にありましたよ。
c0174121_9195855.jpg

c0174121_9195836.jpg


鳥取砂丘。
がんばって最後まで歩きました!
ほんのり日焼けしたような。らくだのチェリーと皆で記念撮影しました。

c0174121_9195981.jpg

c0174121_920083.jpg


砂の美術館、機会があれば、足を運んでみてください。
迫力満点ですが、崩れれば修復はしない、はかない芸術です。
ところかしこに、アーティストの遊び心が隠れていて、それを見つけるのも楽しい。

c0174121_920076.jpg

c0174121_920154.jpg

c0174121_920292.jpg

c0174121_920345.jpg


今回、一番楽しみだった鳥取ガスのオーガニックファーム。
砂地栽培で、栽培が難しい面もあり色々工夫をなさっているそうです。
元気いっぱいに、お野菜が実っていました。
こちらのお野菜は、サル―テ館内のカフェランチで使われたり、販売もされています。
私は、yukashiの教室で使うように、コールラビというお野菜とイエローズッキーニを購入しました。

鳥取では、やはりこういった砂地が多いなと感じました。
こんなにサラサラなのに、草が生え、植物が育つことに感心しました。
鳥取大学の、乾燥地研究センター”アリッドドーム”では、乾燥地での栽培などに関しても研究がされ、世界各国から視察に訪れるそうです。
6月の下旬に、農と土作りの部分で再び出張訪問する際に(私は専門外で付添ですが)、アリッドドームへの見学もスケジュールして下さっているので楽しみです。

c0174121_920434.jpg

c0174121_920522.jpg

c0174121_920675.jpg

c0174121_920745.jpg

c0174121_920757.jpg


夜は用意してくださっていた天然温泉の旅館で、ゆっくりと温泉に入って疲れを取り、社の方々との懇親会で美味しい鳥取の海や山の幸を頂きました。
鳥取は、食材の豊富なところで名産が沢山あります。
食材に恵まれているなと毎回思います。

c0174121_920841.jpg

c0174121_920936.jpg

c0174121_9201058.jpg

c0174121_920113.jpg

c0174121_9201190.jpg


翌日は、サル―テを訪問しました。
ちょうど、染物の展示会もしていて、社やスタッフの方々と囲炉裏を囲んで談話し、館内を見学後、農や食に関する意見交換や次回の教室の打ち合わせなど。
サル―テは、オールガス施設で全て自家発電とガスでエネルギーはまかなわれています。
家庭用発電機の展示もあり、これからはこういう時代なのでしょうね。

こうして、違う地域に来て、その土地の物を食べ、見て、お話を聞くと刺激になり、また次へ繋がる道が広がって行くように思いました。
次回の鳥取訪問は2週間後。
次回は、私も勉強になることが満載ですのでしっかりお勉強してきます。

c0174121_9201273.jpg


旅館に迷い込んだコ-ネリアス。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-06-16 01:11 | 日常

5月の料理教室では…

5月の料理教室では、豆類や新玉ねぎなど春に美味しい野菜を
取り入れたお料理が並びました。
この時期は、お皿の上が緑に染まるな~とお料理をしていると思います。
マクロビのクラスでは、楽農舎さんの無農薬の間引き人参を丸ごと
蒸し煮したものを彩りに飾りました。

あの頃、間引きサイズだった人参、先日は大きくなって店頭に並んでいました。
yukashi ガーデンの人参は、まだまだ間引きサイズです。

~ Harvest Cooking 季節の野菜料理 ~

 そら豆のニョッキ
 酒粕米粉ソース
 新玉ねぎのポタージュ・トリュフオイル
 春野菜のフリット
 天然酵母パンの玉ねぎ味噌

c0174121_11222219.jpg


c0174121_11222339.jpg


c0174121_11222320.jpg


~ マクロビオティック・ベーシック ~

 青豆玄米ごはん
 高野豆腐の挟み揚げ
 ひじきの白和え
 蒸しごぼうの胡桃味噌和え
 いも餅の精進だし餡

 - 実習
 玄米を使った味付ご飯
 乾物の戻し方
 精進だしの取り方
 蒸し煮の復習

 - お話
 玄米菜食と歯の関係


c0174121_11222415.jpg


c0174121_11222562.jpg


~ ナチュラルスイーツ ~

 抹茶と春日大納言小豆の米粉ケーキ
 黒胡麻ブラマンジェ

c0174121_11222613.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2012-06-11 21:18 | 料理教室