「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近の畑、遊び場になる畑

c0174121_2138292.jpg


2週間ほど前、春夏野菜の準備をするということで私も山の畑に。
といってもパンパンのお腹で耕したりは危ないので(日常的にしていないので腰を痛めたり怪我をしては)ニンニクの周りの草抜きや収穫を手伝いました。

c0174121_21383135.jpg

寒いけど、やっぱり気持ちいい!
こうして、自然に囲まれる場所にくると細胞が呼吸しているなぁという清々しいさを感じます。

c0174121_2138327.jpg

c0174121_21383353.jpg

そら豆も大きくなってきていました。
はじめて収穫したそら豆を食べた時は、そら豆ってこんなに美味しいの!?と思いました。
あの独特な青臭さやエグミは、そら豆が持っているものではなく土や育て方なのか・・・と納得しました。
そして昨年は、yukashiの庭にも植えてもらい収穫したてを教室で使うことが出来ました。

いま住んでいるマンションにはベランダの他に坪庭もあり、葉野菜やサラダ菜、ネギなどを育てています。それを朝、ちょこちょこ摘んではお弁当の飾りにしたり、サンドイッチにしたりが楽しいです。

赤ちゃんが産まれて、歩けるようになったら畑の中で遊ばせようと思っているので、子供専用のミニ畑を作ってあげるのも楽しそう!
自分でオリジナルの畑作りをする遊ぶもいいな。

c0174121_21383425.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2014-02-21 21:36 | オーガニック | Comments(0)

食のイベントや講習会に

c0174121_19425535.jpg

味覚の展示場、食地の座が灘菊酒造であり行ってきました。
今年は、播磨でのスローフード全国大会だったそうで催しものが色々ありました。
c0174121_19425149.jpg


c0174121_19425770.jpg

c0174121_19425926.jpg

播磨の在来種保存会コーナーに、在来作物や種の展示も。
我が家で彼が育てている品種や、知り合いの農家さんの作物の展示もあり改めて食の環境に恵まれているのだなぁと実感。

写真の北村わさびは、たまたま昨日友人が手土産に持ってきてくれて食べたばかりでタイムリーでした!
まず、しらすに和えて頂き、2日目以降は玄米おむすびにおろしたて山葵をのっけて、
ポテトサラダに入れたり、わさび醤油にして醤油焼きそばにしてみたり・・・
といろんな食べ方で楽しみました。

c0174121_1943175.jpg

播磨は、これ!という全国的な際立った特産はないかもしれないけれど、海のもん山のもん、食べ物には恵まれているなとよく思います。

この日はそれ程寒くなかったのですが、夕方知り合いの農家さんの畑に行った時には
風がぴゅーぴゅー。寒い中、農家さんと彼は畑の土の状態を観察したり作物の生長について話たり、私は途中から車で待機していました。

c0174121_1943575.jpg

おみやげに頂いた人参や蕪。大きいのはナンシー蕪という品種です。
昨日、タイのグリーンカレーを作った時に蒸し煮して入れたらトロットロで甘くて美味しかったです。
人参も、味がぎゅっと濃くて甘くてもうなくなりそう。

食べ物にまつわるイベントや勉強会などは興味深く、機会があれば足を運ぶようにしています。
先日は、ヤマダスーパー(播磨地域に店舗があるローカルや自然派商品を扱うスーパーです)の食の勉強会に参加してきました。
毎月テーマ毎に開催があり、今まで仕事と重なって参加が難しいかったので数年越しでの初めての参加でした。
自然派の協同組合の方を講師に招き、食品の選び方から裏事情(?)、安心、安全についてなど為になるお話を無料で講習して頂けます。
こういった試みの企業が地元にあるというのは、大変恵まれています。

出産までもう指折りなのですが、お休みの間に・・・とちょろちょろ外出しては良い刺激をもらっています。
[PR]
by yukashi_cafe | 2014-02-20 19:40 | 日常 | Comments(0)

天然醸造の醤油

c0174121_2271167.jpg


先日、但馬で天然醸造の醤油作りをしている大徳醤油さんのお話会に参加してきました。
原料と微生物多様性の環境を大切に、伝統の醤油づくりをされ、自家製手作り醤油を広める活動もされているそうです。

一般の市販の醤油の多くは輸入原料(大豆、小麦など)、大豆は脱脂加工大豆(大豆油を絞った後)だったり。輸入大豆は、遺伝子組み換えであることは安易に想像つきますし、輸入小麦はポストハーベスト(収穫後の殺菌剤や防カビ剤散布。日本では禁止されています。)による残留農薬が気になります。

1本300円の醤油はお得なのか、1000円の醤油を高いと思うのか・・・。
真面目にものづくりする生産者さんは沢山いらっしゃいます。
わたしたちの食文化を支え、何より美味いので、お釣りがくるくらいなのかもしれません。
それに、無駄に使わないよう工夫するようになります^^

そう考えると、台所を担う主婦(主夫)の方の役割って大きいですね。
家庭の台所から地域の生産者、日本の食産業、日本の食文化と、未来に繋がる選択が、日々の食卓からはじまっていると思うからです。

上の写真は、醤油麹と塩水が混ざった状態。ここから1年、菌と自然のリズムで発酵熟成させ、絞り、絞った液体(醤油)の沈殿物を何度か漉し・・・製品としてのお醤油になります。
c0174121_2271279.jpg


この日の夕食は、なんとなく和食になりました。
c0174121_227131.jpg

出来上がってみると、お漬物とご飯以外の全てに醤油や味噌を使っています。
お醤油は一番ロスの多い調味料だそうです。
お豆腐にかけたり、煮汁であったり、捨てる量が多いそうです。
大事に使いたいですね。

c0174121_2271464.jpg

そして、これは私の最近のお風呂での愛読書。
ここでもやっぱりお醤油。
日本食や日本の調味料ってやっぱり魅力的で興味深いなぁと改めて思います。
[PR]
by yukashi_cafe | 2014-02-06 22:06 | 食材 | Comments(0)