「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

間もなく

c0174121_23144250.jpg

yukashi間もなくオープンです。
4月1日は、レセプションパーティの為、営業は2日からになります。
カフェの営業は、4月5日木曜日、午後1時から。

本日、奈良の月ヶ瀬から無農薬有機栽培の手摘み和風紅茶が届きました。
手間暇をかけられた風味豊かな日本茶の茶葉を紅茶加工した和菓子にも合う紅茶です。


カフェでは、オーガニックや良品質な飲み物、ヴィーガンタイプのヘルシーなお菓子を用意しております。春のお散歩がてらお立ち寄り下さいませ。


c0174121_23144310.jpg

c0174121_23175149.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-29 23:17

4月の料理教室 メニュー

4月の料理教室のメニュー(予定)ご案内です。
マクロビベーシックでは、実習の後に講義があります。

Harvest Eating ~季節の野菜料理

春野菜の豆乳グラタン
ひよこ豆とキャベツのメンチカツ風
甘夏のサラダ
車麩とうどのからし酢味噌和え
玄米の山菜ごはん

ハーブティ
デザート

Macrobiotics Basic ~春コース

玄米2種
野菜とふのりの味噌汁
車麩の肉じゃが風
ごま豆腐
青菜の磯部和え

ハーブティ
デザート

- 調理実習 -
玄米の炊き方
蒸し煮を使った調理法
野菜の扱いについて
野菜のゆがき方

- おはなし -
マクロビオティックとは?
玄米について
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-23 23:23 | 料理教室

アクセス・地図

c0174121_844297.jpg


兵庫県立大学から東に進んで、船場川を右折して数件、姫路城のお堀と船場川に囲まれた白い漆喰壁の古い平屋です。

建物の裏(南側)が広い駐車場となっております。
駐車スペースはSとR2台です。

最寄駅・バス
JR姫路駅 or 山電姫路駅 下車

JR姫路駅北 神姫バスのりば
⑦、⑧(医療センター経由)より乗車 
野里門(乗車時間約6-8分)下車 
または
⑨、⑩(県立大人間環境学部経由)より乗車
 八代本町(乗車時間約12分) 下車 

お城からは徒歩15分。
城内図書館や野里小学校がご近所の閑静な住宅街にあります。
お堀沿いは季節を感じながら歩くにも楽しいお散歩道です。

yukashi 
姫路市八代本町2-1-45
080-4023-7170
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-23 12:18 | yukashi について

ハーブティ

c0174121_23285822.jpg


ほぼ毎日、準備の為作業しています。
晴れた日は、梯子に登って外装塗りなども。
はじめは、まさか自分がDIYなんて・・・と思っていましたが何でも挑戦してみると慣れてくるものです。

雨の日は、音楽を聴きながらPC立ち上げて事務仕事や内装を。
時にはダラダラもしますが、周りの人に助けて頂きながら、徐々に形になってきました。
ひとりでは到底ここまで無理でしたので、心から感謝です。

ここにいると、日々誰かしらが訪ねてくださったり、声をかけてくださいます。
友人、知人だったりご近所さんだったり。
南側の扉が広いので、暖かい日差しに今日は思いっきり春を感じました。
花梨の木も芽吹いてきましたし、お家の裏庭のベジが急成長していて驚きました。

お隣のお隣は、以前からお客としても伺うハーブのお店Soraliさんです。
今日は、色んなハーブティが詰まった素敵なプレゼントを届けてくださいました。
yukashiでは、Soraliさんの季節のブレンドのハーブティも楽しんで頂けます。
お楽しみに。

c0174121_23285881.jpg

内装も、そろそろ落ち着いてきましたので、部屋の雰囲気作りはじめました。
ひとつひとつ・・・自分にとって居心地の良い道具や家具をテクテクと色んなところを歩きまわって集めました。メルボルンから持ち帰ったものもあったりして、内装が整ってくると海を渡って場所を移っても、やはり自分テイストの空間になっていて空気感に懐かしささえ感じます。

食べるものも空間も生活道具も、心地よいものに囲まれるというのは贅沢で幸せなことです。
そろそろメニューも出来あがってきました。
カフェでは、ドリンクと焼き菓子などが中心となります。
ランチは今時点、サーブしておりませんのでご了承ください。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-21 21:13 | 日常

4月のレッスン日程

Schedule
料理教室 4月

Harvest Eating~季節の野菜料理 月1回
/ 3700 yen
①  2日  月曜日 11.00 – 13.30
②  3日  火曜日 11.00 – 13.30
③ 16日 月曜日 18.00 – 20.30
④ 17日 火曜日 18.00 – 20.30
⑤ 22日 日曜日 10.30 – 13.00

Natural Sweets~ナチュラルスイーツ 月1回
/ 3800 yen
① 17日 火曜日 13.00 – 15.30
② 18日 水曜日 13.00 – 15.30
③ 22日 日曜日 14.00 – 16.30

Macrobiotics Basic~マクロビベーシック 春コース 全5回 
/ 17500 yen (全5回)3800 yen (1回)
① 8日  日曜日 11.00 – 14.00
② 9日  月曜日 11.00 – 14.00
③ 10日 火曜日 11.00 – 14.00
(4,5,6,7,9月の全5回。春コースは第2日曜日、第3月・火曜日実施予定。単発の参加も可能です。
レッスンの流れはこちらをご参考ください。)

お申込み、お問い合わせは下記メールにご連絡ください。
yukashi_cafe@hotmail.co.jp

各レッスンの内容についての詳細は、こちら
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-17 22:26 | スケジュール ご案内

Cooking Lesson, Eat in and Store

c0174121_20514955.jpg


皆さまにお知らせです。
世界文化遺産を誇る、美しい姫路城(白鷺城)がひっそりと見える
お堀沿いの古い、古い小さなお家に、教室兼カフェを併設したお店を早春オープン致します。
ただいま慣れない手つきで壁の漆喰塗り作業をしております。
壁は漆喰で、床は柿渋で。自然素材を使ってのリフォームです。

古い物には新しい物では味わえない、なんとも言えない存在感と美しさを感じます。
食も人も、年月を経て今に至る、時間の経過で熟成された存在感と旨さ。
完璧に美味ではなくとも、例え不完全であったとしても、味わいのある旨さ、人間味は洗練された完成度の高いものとは一味違った味わいがあるように思います。

作る人への愛情は確実にお料理に反映します。
家庭料理のすばらしさはそこにあるように思います。

何だかまた食べたいな、また来たいな。
そう思っていただけるお料理、スペースを皆さまとシェアできればと思います。

---------------------------------------------------------------------

yukashi の教室、カフェスペースではオーガニック素材を使用した自然食料理や素材の甘みを生かしたお菓子をご提案しています。
料理教室では、マクロビオティックの考えや調理法をベースとした野菜料理のレッスンやナチュラルスイーツのレッスンを開催しております。

安心してお召し上がり頂く為に保存料、添加物の使用をさけ、地元で出会った生産者の皆さんが作る新鮮な旬の無農薬・有機野菜や玄米、厳選した良質な食材、調味料のみを使用しています。
甘味料は、ミネラル分のある含蜜糖、メープルシロップ、米飴、はちみつなどを使用し、ヴィーガンタイプ以外のお菓子に使用する動物性食材には、GMOフリーで健康的に飼育された鶏の卵や良質な乳製品などを選んでいます。
保管の際は、冷暗所もしくは要冷蔵にて保管下さい。

添加物、保存料を一切使用しておりませんので、お早めにお召し上がり頂きますようお願い致します。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-15 21:28 | お知らせ

お寺市

c0174121_8303471.jpg


3.11日の上伊勢でのお寺市、お天気も持ち越して大勢のヒトで賑わっていました。
yukashiは東北の郷土食である雑穀を使った玄米菜食のお弁当で参加致しました。
米、豆や野菜は兵庫県産の無農薬・有機栽培の物で地産地消を、容器やお箸は使い捨てにならない物を探しました。

なんでも安価で揃え、使い捨てしてまた買えば良い、そういう消費は今の時代にはちょっと違う気がします。物の価値が低くなっていくのは寂しいコトです。

玄米 or 古代米ご飯
大豆ミートの唐揚げ
高きび味噌の薄揚げはさみ焼
もちきびの大根煮
菜の花のからし和え
炒り黒豆のまだか漬け

c0174121_22432245.jpg


完売ありがとうございました!
購入頂いた方々とお話も出来て楽しかったです。

気持ち切り替え、開店にむけて準備頑張りますので、また皆様とお会いできますように!
c0174121_2354193.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-13 17:29

街発信

c0174121_21302622.jpg


街・発信の3月号に掲載頂きました。
私の中にある食に対する柱や今あるルーツなどお話しました。
ありがとうございます!

ほのぼのした雰囲気のかわいい情報誌です。

c0174121_21302710.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-12 21:32 | 掲載

神戸新聞 掲載記事

3月11日にお寺市に出展します。東日本大震災から丸1年、私は東北の郷土食のひとつである雑穀を使った玄米菜食のお弁当で参加します。

先日、出展者である女性店主の方々や活動家の方たちと神戸新聞の取材を受けました。
皆さま是非遊びにいらしてください。
c0174121_050175.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-01 21:00 | 掲載

食卓のうえ on the table Vol.8

東日本大震災からおよそ1年、被災された方々にとって震災はまだ終わっていませんし、私たちの暮らしに対する価値観も3.11以降変わってきたように思います。
そして改めて東北地方は食材や食文化が如何に豊かであったかと思わされます。

マクロビ料理でも登場する雑穀も、かつては東北地域に根ざした食用作物で伝統的な食文化でした。岩手県は雑穀生産量が日本一で古くから栽培が盛んであった為、雑穀を中心とした豊かな食文化が育まれてきました。二戸地方の郷土料理『へっちょこだんご』は、たかきび粉団子のお汁粉です。語源は人間のへそに似ていることと、1年間の『へっちょ(苦労)』をねぎらう意味でつけられ、秋の農作業の終わりに振舞われていたそうです。

食文化は人々の暮らしや自然環境との結びつきで生まれ、それを守ることは伝統を繋いでいくことです。私たちに出来る支援の形は様々ですが、地域の食文化や伝統を守っていくことも復興支援のひとつになり得るのだろうと思います。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-01 09:30 | コラム