ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

カテゴリ:オーガニック( 14 )

農と土のある暮らし を終えて

『農と土のある暮らし』
お越し頂いた皆さま、ありがとうございました!

c0174121_23112760.jpg

農と土
栽培体系からその土台となる土を考えるソリューションについて。
2人の講師のお話がとても分かりやすく、内容も興味深かったです!

慣行栽培(今の一般的農業プロセス)や、使用する農薬、ラベル主義についての現状についてのお話があり、講師が県職員として指導員であった時に感じた農薬ありきの栽培方法がもたらす農の技術低下(プロの農家さんとは?)の違和感のお話など。


現場を実際に見てこられたこそのお話に、へ〜と何度も。


持参下さった農薬の商品を見て、成分を教えていただき、行政が定める県単位の基準や、有機農業(今の農業プロセスと反対)についての現状についても伺いました。


c0174121_23120242.jpg

土に関する部分では、有機農業でいう本当の意味での土づくり(その土地、また風土気候に合わせた)と植物多様性、土壌中の共生微生物の働きを利用して手間、コストを下げる未来に残す循環型についてや実例をあげてのお話があり、私も実際に3-4年前に訪問した農家さんの今の畑の違いを知りびっくりしました。


土づくりは、今日明日出来るものでもなく年月をかけ、問いかけ耳を傾けるかのようにつくり上げる今のインスタントな時代に逆行した物ではあります。

けれど、端的な目先の結果オーライは、長い目で見た時に結局は自分の首を自分でしめているという、そしてただ、切って貼ってのその場しのぎの対処療法となること。


農や自然について学ぶと、暮らしや私たちの身体の仕組み、全てに共通すると益々感じてなりません。


道路にある落ち葉はゴミとして廃棄処理の袋に入れられ、焼却処分されます。
けれど、私たちは秋の紅葉や山の枯葉に風情を感じ、心和む景色を見ます。
この違いは、何なのだろう?

コンビニエンスな時代に生きる私たちは、何か大事な物を削いでしまっているんじゃないかな。話を聞きながら、ふと思いました。


”見ない”という方法と”知る”という方法。

例えば、なんで毛虫が発生してるの?いやだいやだ!と解決を求める。

それをやっつけて、見ないようにする方法もあれば、なんで毛虫が出るのかな?何の植物について、どんな被害なの?と知ることで、理解をするという解決方法もある。

知って理解を深めると、応用に繋がるのだなぁと他にも色々知りたい!と気持ちがムクムクとなりました。


今回、沢山の方から参加したかったー!との声も頂いているので、また機会を設ければ、と思っています。

c0174121_23123071.jpg


お昼にいただいた八百結さんのお弁当も美味しかった。
また買いに行きまーす。








[PR]
by yukashi_cafe | 2015-11-20 23:10 | オーガニック | Comments(0)

庭に土を

c0174121_11194028.jpg

ソイルスペシャリストである主人の広報誌 2015 秋に vo.1 が発行されました。

つちにわ
『未来を、土から考える』

土と庭と共に生きる人をテーマに、進行中のプロジェクト、姫路市伊伝居にあるパーランドコーヒーの庭のリデザインと土壌改良についての紹介もあります。

彼がいま提唱し願っているのが
”庭に土を”

住まう風景に土を取り入れ、緑豊かで四季を感じる空間を楽しむ感性が浸透すれば、豊かな日常から環境活動が生まれます。

yukashiにも置いてありますので、ご自由にお持ち帰り下さいね。

c0174121_11195999.jpg



明日、明後日は芦屋市立美術博物館の前庭でのマーケットでリビングソイル研究所でプランターワークショップ出店しています。 

こちらにも、遊びにいらして下さいね。
私は明日、息子と店番に。 

庭や土に関してのご相談もお受けしますので、お気軽にお声かけ下さいませ^ ^

11月は、久々に農と土のワークショップも開催しますよ!

[PR]
by yukashi_cafe | 2015-10-16 11:19 | オーガニック | Comments(0)

ナチュロパスなみさんのホリスティック栄養セミナーへ

オーストラリア・メルボルン在住のナチュロパス(自然療法士)なみさんのホリスティック栄養学セミナーを受講しに、大阪へ行ってきました。

女性向けのセミナーを多数主催されている朝型美人塾さんの主催ということもあり、他県からも多数の方が参加だったようです。


c0174121_0195453.jpg

現代の管理栄養学が数字を主に重視するのに対し、ナチュロパシー的栄養学は、
 * その人の体質に(その食べものが)合うのか
 * 栄養吸収率はどうか
 * 食物のクオリティー(旬や栽培方法、化学物質の添加など)や性質
 * 調理法(水溶性や脂溶性ビタミンに対し)

に至るまでホリスティック(全体的)な視点と科学的エビデンスのある栄養学でアプローチをするそうです。


c0174121_0195519.jpg

東洋医学同様、伝統的+実践的知識を重視。

”医食同源”の言葉にあるように、食事を薬とせよ!の考えは、私も日々の暮らしや、料理教室の参加者の皆さんとの会話から大変実感することです。

教室に来られるようになり、食に対する意識が変わって体調が良くなりました!
と聞いたり、子どもがたくさん食べてくれるようになりました!
と報告をいただくのは何より嬉しいし、身体は食べものでできているのだなぁとリマインドされます。


c0174121_0195257.jpg

(息子、美味しい〜の顔での食事中)

セミナー参加者の中にはママも多かったのではないでしょうか。
印象に残った話では、妊娠・出産での女性の体への影響。

お腹の赤ちゃんは、お母さんの体内の栄養だけで身体(筋肉、脳、細胞・・・)ができるという当たり前の事実に改めて、はっとしました。

ですので、産後のお母さんの身体は栄養の枯渇状態

産後の母体の栄養不足によるアトピー発症や、鬱、リュウマチなどの自己免疫疾患は的確な食事と栄養の補給、また休息で改善されるのだという考え方ができます。

そして、栄養不足な母体から産まれる赤ちゃんを想像してみてください。
生まれながらに栄養失調になっちゃいます。



c0174121_0195389.jpg

環境要因もさることながら、良質な旬の天然の食べものを楽しく、美味しく食べることは、プレママやママができる最初の子育てになるのですね。

母乳育児中もそう。


c0174121_234744.jpg

講座の中で、日本の伝統食のすばらしさを説いていらっしゃいました。

日本食はミネラル、ビタミンが豊富で必須脂肪酸等が豊富なのだそうです。
四季ある日本では旬というものがありますし、四季折々の台所仕事、大事にしたいです。


c0174121_23132034.jpg

”まごわやさしい”食事+日本の発酵食と全体食!
手作りに勝るものはないですね。

とても分かりやすい表現だなと思ったのが、「良質な調味料はサプリメントにも勝る」


c0174121_23141858.jpg

(家族での手作り味噌つくりで、息子の元気な常在菌を)

ミネラルバランスの良い自然塩、
天然発酵熟成の味噌や醤油、
味醂、酒などの発酵調味料、
良質な天然の出汁。

これらを日々使用する日本食は栄養と乳酸菌のサプリメントになるということです。


c0174121_23152164.jpg

(お醤油造りの会に参加、自分で食べるものに自分の菌を)

教室でも、食材をすべてオーガニックにできなくとも調味料だけはすべて天然の本物を!
と話をするのですが、調味料が多少高くても家計を圧迫することはないのではないでしょうか。

何より美味しくなりますし、無駄に調味料を使わなくなりますよ!


c0174121_23171276.jpg

ペットボトルの話も出ました。

環境ホルモンが含まれるペットボトル。
お水も日本ではペットボトルが主流。

調味料や油もペットボトル入りは避ける理由もここです。

環境ホルモンが含まれ溶け出すペットボトル(プラスチック)は、体内毒素となり、排出するのに体内必須ミネラルが奪われるそうです。

添加物や農薬摂取も同じことが言えます。
お砂糖もそうですよね。


c0174121_738814.jpg

今回のセミナーでは、身体に症状として現れるサイン別にどのビタミン、ミネラルが不足しているのかということを紐解いてのお話がテーマ。

後半はビタミンやミネラルのお話がたっぷり。
テキストを参考に、自身や家族の健康状態を観察していきたいと思います。


講座の中で現代日本食品の問題点もあがりました。
その中で土壌枯れというお話が。

私の主人が土の専門家で、農地についても詳しいことから日本の土壌のミネラル不足については、話を聞いているので納得でした。


土壌と人間の身体の仕組みって面白いくらい共通点があります。

そして、日本人は殆どが亜鉛不足!
これも日々聞いていたので、日本の土壌の性質や慣行農業による土壌枯れに加え、
農薬、添加物大国の日本は病気の散布のようなのだな・・・と話を聞いて改めて思いました。


特に、コンビニやお惣菜、お菓子類に多様されているリン酸添加物は体内の亜鉛と結合し消化吸収されるそうです。

これでは、ますます亜鉛、ミネラル欠乏ですよね。
こどもさんにも欠乏の症状が見られることが多いそう。悲しい事実です。


c0174121_0195228.jpg

(ある日の1歳5ヶ月の息子ごはん)

子どもは味覚がピュアで本能で食べるので、身体が欲しているものをよく知っています。

この日は、
鱧蒲焼き丼、
茄子と万願寺の味噌炒め、
トマトとオクラのバルサミコ、
納豆オクラの献立。

小さい頃から本物の味を。
それが如何に大事かというのは息子を見ているとわかります。

外食も、もちろんしますし、私はストイックにクリーンに息子を育てるつもりはなく、たまに毒をとってもそれに対抗できる身体や舌を持てばいいんじゃないか?
という考えですが、少なくとも家庭のご飯やおやつでミネラル、ビタミン欠乏になることはないと自負しています。
(有難いことに、主人の土で育てる野菜は土壌のミネラル状態が大変良い事もあり)


c0174121_0195462.jpg

都会とはこんなに暑いものだったのか!と改めて実感の昨日。
身体は甘い、酸っぱい、辛いを欲してお昼はタイ料理を食べました。

ビル街の外を歩いているととろけるかと思いましたが、参加できてよかったー!
と期待以上の充実な内容で有意義なインプットの時間でした。

身体の不調も質や食べ方、そしてミネラル、ビタミン不足を探ることで改善の兆しが見えるということを知れて、今後の家族みんなの生活に役たちます。
せっかく教わったことは教室でも、皆さんとシェアしていきたいと思います!

次回は11月の帰国時に、なみさんのセミナーが大阪であるそうです。
また行きたいな〜。
[PR]
by yukashi_cafe | 2015-08-03 23:47 | オーガニック | Comments(0)

醤油造りに参加へ 春の菌活

先週末、手造り醤油の会へ息子と参加してきました。
これから1年、発酵していく過程も楽しみです!

c0174121_13302062.jpg

c0174121_13302132.jpg



大人に混ざり、積極的に仕込みに参加するげんげん。
楽しかったようで、なかなか離れませんでした。

c0174121_13302196.jpg

c0174121_13302241.jpg

c0174121_13302284.jpg


兵庫の無農薬の在来大豆、麹菌は長野の夫婦で営む小さな麹屋さんに菌付けをお願いしたそう。

子どもたちの常在菌入りの醤油、美味しくなりそうです。


帰宅後、香川の老舗いりこやさんの煮干しをパクパク食べながら急に立ち上がり歩き始めました!

突然の事で、子育ては新鮮な驚きの連続です。
ずっと歩きたかった本人は大満足!

c0174121_13302323.jpg

最近は料理や掃除をお手伝いしたがります。本人は遊んでるんでしょうね。
ちょっとは助かるので、掃除機かけを好きにさせています。

c0174121_13302476.jpg

c0174121_13302533.jpg


味噌や醤油などの発酵と同じで、子育てもじっくりじっくり時間と手間暇をかけたいものだなぁと息子の成長を見ながら最近よく思います。

先日、募集させて頂きましたchibi会と糠床講習会は、定員となりましたので受付終了させていただきます。
キャンセル待ちのご希望がありましたらお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。
[PR]
by yukashi_cafe | 2015-04-01 13:18 | オーガニック | Comments(0)

再びブルーベリー摘み取りに

c0174121_0115570.jpg


車で30分、ブルーベリー摘み取り園へ。
頂いたブルーベリーが甘みがギュッと濃くて粒もしっかりしていたので、
再びブルーべりーピッキング。

c0174121_0115638.jpg

こじんまりの中、10種類近くの木々。
見た目も味も、個性が違い食べ比べをして気に入る木を見つけてみたり。
今回は、2キロ近く。いつまで持つかなぁ。

c0174121_02651.jpg

c0174121_026662.jpg

夜は、彼の地元で花火大会。それまでブラブラ。
隣の市ですが、古い町並みが残り、昔からの店が軒を並べているので遠足気分で散策でした。
週末、息子と一緒にいたい彼はずっと抱っこ。

c0174121_0115792.jpg

夏のひとこま。

c0174121_0115724.jpg

来年は、夕方からピクニックしながらがいいね、と。
私達の1番好きなカレー屋さんで、オリジナルブレンドのチャイスパイスミックスをテイクアウトできると知って、それから数日チャイの日々です。
今朝は珈琲とスパイスをドリップで。

c0174121_0161159.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2014-08-05 00:48 | オーガニック | Comments(0)

奥丹波 ブルーベリー農園

c0174121_1846310.jpg
c0174121_1846244.jpg


今年もブルーベリーの季節!
家族で奥丹波にあるブルーベリー農園へ。
有機栽培の美味しいブルーベリーを摘み取りながら口にポンポン、と贅沢。
何種類もの木がたくさん
それぞれ見た目も味も個性が違ってたのしい。

c0174121_1846423.jpg

c0174121_1846564.jpg

たくさん摘み取って持ち帰りましたよ。

c0174121_1846673.jpg

息子はテントでお留守番

c0174121_1846795.jpg

途中からは裸んぼに
ブルーベリー積みで炎天下の下の私は汗だく。
子供がいると、日傘もなかなかさしにくく、今年は日焼けで指輪の後がくっきり。

c0174121_1846818.jpg

午後からは、近くにある地酒の蔵で日本酒を購入。
日本酒はもちろん、ワインと焼酎が好きで毎日嗜んでいましたが、
今はまだ禁酒の身。最近は、炭酸メーカーでせっせと炭酸水を作っています。

c0174121_1846993.jpg

c0174121_18461053.jpg

c0174121_18461174.jpg


地場の有機野菜の直売所、丹波太郎で野菜を買って篠山へ移動し、ぶらりぶらり。
ランチして、買い物してお茶して・・・。
食べてばかりです。

産地に住んでいると、都会暮らしでは信じられないくらいに野菜が安いので、デパートの有機野菜は見てもなかなか手が出なくなりました。
カボチャやズッキーニが100円、200円の値段。
暑いなか、作ってくださる生産者の皆さん、ありがとうございます。
そして、美味しく健康なお野菜をいつも作ってくれる我が家のパートナーさんにも感謝です!

c0174121_18461212.jpg

毎朝、朝食に。

c0174121_18461388.jpg

ソースにしたブルーベリーは炭酸水で割って楽しんでいます。

今週末は、地元にあるブルーベリー農園にまた家族で行ってきます。
そちらのブルーベリーも美味しかったので、しばらくはブルーベリーを楽しみます。
[PR]
by yukashi_cafe | 2014-07-30 16:10 | オーガニック | Comments(0)

母乳に勝るものはないと言うけれど

c0174121_23555849.jpg


母乳がいいのは百も承知ですが、いろんな事情でミルクの赤ちゃんもいると思います。
出産すれば、おっぱいは出るものと簡単に考えていましたが、完母(完全母乳)で
育てるには、多かれ少なかれ努力がいるものなんだと経験してわかりました。

いまも完母で育てていますが、疲れていたり体調がすぐれないと出も悪くなります。
母乳はもともと血液なのだから、血流が悪くなると影響が出るのは仕方ないです。

バックアップ用に・・・
とミルクは国内外のを随分探しましたが、残念なことに飲ませてあげたいミルクはゼロ。
海外のオーガニックの粉ミルクを一度取り寄せましたが、やはり成分が気になってしまい・・・。
そして、調べていてわかったのは国内のオーガニック粉ミルクってないのですね。
海外にはいろんなチョイスがあるのに、日本はなぜだろう・・・。

そんなとき、自然食や自然療法家の東城百合子先生の本で紹介されていたソイヤラックという
オーガニック大豆の乳児用豆乳を知り、取り寄せてみました。
これを買うにあたっても、いろいろ気になることがあり、随分迷って買いました。
ミルクを買うにあたっては、消去法という選択しかなく、これからの体つくりにとっても大切な時期に口にするものが、なぜ添加物だらけなのだろうと悲しくなってしまいます。

c0174121_2355568.jpg


そして、試飲です^^
いくら親がこだわっても、赤ちゃんが気に入ってくれるかが大事です。
コキュコキュと美味しそうに飲んでくれました。

ちなみに他に紹介されていたのは、玄米クリームです。
毎回作るのはかなりの労力!

c0174121_23555743.jpg


片手でコキュコキュ。
ある程度大きくなれば、いろんなものを口にするようになります。
それはそれで仕方のないことだと思います。
親が選択できる間は、安心で美味しいもので育ててあげたいな。
[PR]
by yukashi_cafe | 2014-06-26 23:53 | オーガニック | Comments(0)

茶畑

c0174121_234285.jpg

はじめてのお茶畑。
兵庫県の佐用で無農薬無化学肥料で作られているお茶。

c0174121_2343117.jpg

c0174121_2343410.jpg

新芽の茶葉を蒸しています。
葉から水分が出て、蒸されたようにしっとり。

c0174121_2343650.jpg

蒸された茶葉をモミモミ。
力を入れて揉み、葉に傷をつけて乾燥しやすくすることで苦味を飛ばすそうです。
摘みたての葉は、とっても苦いけれど、お茶のいい香りが。

c0174121_2343879.jpg

揉んだら天日にて乾燥。
その後、参加者各自持ち帰り、自宅で天日干しにし完全に乾燥させます。
私の向かいで茶葉を揉んでいたご年配の女性組は、地元の方ぽくて慣れた手つきで
見ていて楽しかった!
私は・・・
とろくって周りの人よりペースは遅めでちょっと焦りました。

c0174121_2344192.jpg

c0174121_2344356.jpg

c0174121_2344548.jpg

お昼を食べて、午後は

皆で川へ。
こどもたちが、もうとーっても気持ちよさそうに川遊びをしていました。
息子は、抱っこされて日陰で参加。

佐用は、自然が美しく懐かしい田舎景色ひろがる街で、はじめて行った街でしたが、
「こどものころの夏休み」、そんな親しさと懐かしいさを感じる場所でした。

ブラブラして、お茶して買い物して。
帰路、車の中はお茶の香りが漂っていました。
[PR]
by yukashi_cafe | 2014-06-01 01:21 | オーガニック | Comments(0)

最近の畑、遊び場になる畑

c0174121_2138292.jpg


2週間ほど前、春夏野菜の準備をするということで私も山の畑に。
といってもパンパンのお腹で耕したりは危ないので(日常的にしていないので腰を痛めたり怪我をしては)ニンニクの周りの草抜きや収穫を手伝いました。

c0174121_21383135.jpg

寒いけど、やっぱり気持ちいい!
こうして、自然に囲まれる場所にくると細胞が呼吸しているなぁという清々しいさを感じます。

c0174121_2138327.jpg

c0174121_21383353.jpg

そら豆も大きくなってきていました。
はじめて収穫したそら豆を食べた時は、そら豆ってこんなに美味しいの!?と思いました。
あの独特な青臭さやエグミは、そら豆が持っているものではなく土や育て方なのか・・・と納得しました。
そして昨年は、yukashiの庭にも植えてもらい収穫したてを教室で使うことが出来ました。

いま住んでいるマンションにはベランダの他に坪庭もあり、葉野菜やサラダ菜、ネギなどを育てています。それを朝、ちょこちょこ摘んではお弁当の飾りにしたり、サンドイッチにしたりが楽しいです。

赤ちゃんが産まれて、歩けるようになったら畑の中で遊ばせようと思っているので、子供専用のミニ畑を作ってあげるのも楽しそう!
自分でオリジナルの畑作りをする遊ぶもいいな。

c0174121_21383425.jpg

[PR]
by yukashi_cafe | 2014-02-21 21:36 | オーガニック | Comments(0)

肌にやさしい日用品

c0174121_8545693.jpg

yukashiのご近所さんには、"〜にやさしい" ナチュラル志向のお店が何故か多いのです。不思議なご縁です。

徒歩30秒のあさのは商店は、オープン以来のお付き合いです。
オープン日も1日違い!

c0174121_8545933.jpg

最近では、手ぬぐいが人気だそうです。
カラフルに並ぶ手ぬぐい、楽しくなります。にじゆらの手ぬぐいも好き。

オープン当初(yukashiがカフェをしていた時)、私たちはドキドキしてお客さんを待ち、"いま、そっちにお客さん行ったよ"なんてメッセージのやり取りをしていたのでした^ ^ 懐かしいな。

今度はモーニングの会をあさのは商店さんとはじめます。
気軽に参加下さいね。

あさのはさんでは夏物2割引セールしているそうですよ^ ^
[PR]
by yukashi_cafe | 2013-09-07 08:30 | オーガニック | Comments(0)