ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

カテゴリ:yukashi について( 5 )

アクセス・地図

c0174121_844297.jpg


兵庫県立大学から東に進んで、船場川を右折して数件、姫路城のお堀と船場川に囲まれた白い漆喰壁の古い平屋です。

建物の裏(南側)が広い駐車場となっております。
駐車スペースはSとR2台です。

最寄駅・バス
JR姫路駅 or 山電姫路駅 下車

JR姫路駅北 神姫バスのりば
⑦、⑧(医療センター経由)より乗車 
野里門(乗車時間約6-8分)下車 
または
⑨、⑩(県立大人間環境学部経由)より乗車
 八代本町(乗車時間約12分) 下車 

お城からは徒歩15分。
城内図書館や野里小学校がご近所の閑静な住宅街にあります。
お堀沿いは季節を感じながら歩くにも楽しいお散歩道です。

yukashi 
姫路市八代本町2-1-45
080-4023-7170
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-03-23 12:18 | yukashi について

yukashiについて

季節感のある美味しい食卓をテーマにyukashi の教室、カフェスペースではオーガニック素材を使用した自然食料理や素材の甘みを生かしたお菓子をご提案しています。

料理は「理(ことわり)」を料(はかる)といいますが、そこには様々な「理」があり、意味があります。伝統や文化、先人の知恵の「理」も料理を通して見ることができ、私たちの生活に寄り添ってきました。
そして、季節や天候などの自然環境や私たちを取り巻く生活環境など様々な影響のもとに、日々の暮らしはあり、また何を体に取り入れるかによって、心も体も大きく変化するのだと思います。

You are what you eat
食は人なり
美味しいをお届けすることが、楽しい心地よい時間の共有となり、食や暮らしを見つめるきっかけとなりますように。

- yukashi フード・スイーツについて
マクロビオティック、ベジタリアン、ホールフードなどスタイルにとらわれず、多国籍文化から得るエッセンスをプラスしながら、オーガニック素材やナチュラル素材が持つ自然の美味しさを丁寧に手作りにしています。
料理教室では、マクロビオティックの考えや調理法をベースとした野菜料理のレッスンやナチュラルスイーツのレッスンを開催しております。
五感を使って、作ること、食べることを一緒に楽しみましょう。

- yukashi 素材について
安心してお召し上がり頂く為に保存料、添加物の使用をさけ、地元で出会った生産者の皆さんが作る新鮮な旬の無農薬・有機野菜や玄米、厳選した良質な食材、調味料のみを使用しています。
甘味料は、ミネラル分のある含蜜糖、メープルシロップ、米飴、はちみつなどを使用し、ヴィーガンタイプ以外のお菓子に使用する動物性食材には、GMOフリーで健康的に飼育された鶏の卵や良質な乳製品などを選んでいます。
保管の際は、冷暗所もしくは要冷蔵にて保管下さい。
添加物、保存料を一切使用しておりませんので、お早めにお召し上がり頂きますようお願い致します。


---------------------------------------------------------

yukashiでは、素材や季節を生かした調理法と伝統的な食事法をお手本に、マクロビオティックの考え方をベースとしています。

穀物菜食
その土地に適した穀物を主食に(全体の5割)、副食に旬の野菜、豆や海藻を3~4割、動物性を1~2割で食べるのが目安です。

自然食
食品添加物を使った食品をさけ、有機農作物の食材や伝統製法で無添加の調味料を使用します。白砂糖は使わず、動物性の素材は生産者が分かる安心なものを選びます。

一物全体
生命ある物を自然な状態で丸ごと頂く。野菜なら皮や根も、お米なら白米より微量栄養素が豊富な玄米を。その食べ物が持つ栄養を余すことなく頂きます。

身土不二
私たちが生きる環境(土)は、健康(身)と切り離せない関係(不二)であり、自然のリズムに則して食べることは、暮している場所の気候、風土に適応する体を作ります。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-02-26 07:48 | yukashi について | Comments(0)

スイ-ツ 

c0174121_7593394.jpg


朝起きると、時折霜が降りています。
ぐっと冷え込みを感じる朝も多くなってきました。

毎年、秋・冬は栗をみるとそわそわ。
ブラウンシュガーを使って渋皮煮にしたり、さらっと甘煮にしたり、コンフィにしたり。
この時期しか手に入らない旬の食材は保存食にして大事に頂きたい。


c0174121_86135.jpgc0174121_863266.jpg
c0174121_872596.jpgc0174121_87063.jpgc0174121_8133070.jpg


yukashi sweets 現在は、下記お店にてお召し上がり頂けます。

Wabisabi Salon (Fitzroy)
土曜日のランチ・カフェタイム
T/A or Eat In $2.5 ~
Set Menu $6 ~ 
( ケーキプラッター + オーガニック日本茶各種 or オーガニックコーヒー)

Wabisabi Garden (St.Kilda)
日替わりのスペシャルデザートとして、ディナータイムにもお召し上がり頂けます。
(メニューはスタッフにご確認ください)


安全で良質な素材を使用した、無添加でヘルシーなお菓子をひとつひとつ手作りしています。

実店舗への納品のほか、雑穀食堂などを通したイベントにて時折、お菓子を作っています。
マクロビ・ヴィーガン対応のお菓子、アレルギー対応お菓子などご用意致しております。
[PR]
by yukashi_cafe | 2009-06-06 08:21 | yukashi について | Comments(0)

PROFILE

Yukashi PROFILE

c0174121_0175711.jpg


講師・Natural Food Cordinator
前川 由紀子

- William Anglis Institute of TAFE:
Certificate in Chinese and Southeast Asian Cookery 終了
(ウィリアムアングリス専門学校 中国/東南アジア料理コース)

- The University of Melbourne:
Bachelor of Primary Education 卒業
(メルボルン大学 教育学部)
(オーストラリア・ヴィクトリア州 小学校教員免許 取得)

- 正食協会 マクロビオティックスクッキングスクール
師範科コース 終了
(正食協会認定師範)    
-----------------------------------------------------            
長年のオーストラリア生活の中で、多国籍な食文化や食材、スローフードやサステイナブルな暮らしに触れ、影響を受ける。海外のフィルターを通したことで、日本の伝統料理の素晴らしさを再発見。

料理好きが高じて、食材の持つフレーバーを求めるとオーガニックに辿りつきました。食に向き合ったときに、日本人の食性にあった玄米菜食に魅かれていき、雑穀料理に出会ったことが、食の活動をするきっかけとなる。

2006 -
雑穀料理との出会い、雑穀料理会に参加。中医学、マクロビについて学ぶ
レイキヒーリング レベル1取得

2007 -  
ライフワークとして、菓子製作に力を入れ始める。不定期にて雑穀料理のイベント、料理会をスタート。
雑穀食堂のはじまり
レイキヒーリング レベル2取得

2008 -  
yukashiとしてお菓子・お料理の活動スタート、お菓子の製作、販売をはじめる。
レイキヒーリング レベル3取得

2009 -
yukashi スイーツ、雑穀を使ったメニューを取り入れた週末カフェをwabisabi salonとコラボでオープン
(→ 日本帰国に伴い、2009年10月より活動休止)
月に1度の雑穀食堂 1Day Cafe 開催  
帰国後、新規オープンのナチュラル系パティセリ‐カフェにてマクロビスイーツ、自然食ランチのレシピ開発・試作、キッチンを半年間担当
 
2010 -
正食協会・マクロビクッキングスクールで初級~上級終了
師範科スタート
鳥取ガス・サル―テでマクロビ料理教室を担当

2011 - 
yukashiの活動再開、月に1度のマクロビ料理教室を開催。
鳥取ガス・サル―テ通信コラムスタート、サル―テ料理教室マクロビクラス担当。
出張料理教室、ケータリング、マーケット出店など不定期。
正食協会・マクロビクッキングスクール師範科修了
マクロビオティック薬膳研究会にて薬膳料理の勉強スタート
(2013年9月時点)
yukashiガーデン、菜園をスタート

2012 -
姫路の城下町、八代本町にある古い木造民家の改装を開始
4月 yukashi 料理教室・カフェスペースオープン
(季節のおもてなし野菜料理、マクロビ料理、ナチュラルスイーツの教室、体に優しいお菓子と飲み物の喫茶スペース)
月に1度の船場川サンデーマケットをあさのは商店と開催
食をシェアする大人の寺子屋をテーマにゲスト講師を招いて教室やワークショップなど各種イベントも定期的に開催。

2013 -
1年続いた船場川サンデーマーケットの休止(イベントとしてのみ開催)
月替りで予約制ランチスタート
2013年12月より第一子出産に伴い休業

2014 - 現在 
自然に寄り添う食卓を提案することをライフワークに、現在は5ヶ月になる息子の子育てをしながら、ワーキングマザーとして新しい方向性を模索中です。
今後の展開としては、教室はもちろん更に充実したイベント企画と運営、またママ(プレママ)向けの催しを通して、食育や育児についても発信していきたいと思っています。

(2014.8.1現在)
[PR]
by yukashi_cafe | 2008-09-29 17:05 | yukashi について

yukashi concept

c0174121_9385217.jpg


季節感のある素材をいかしたナチュラルフードをテーマに、yukashi の教室ではオーガニック素材を使用した旬の料理や、素材の甘みをいかしたお菓子の手づくりの美味しさを家庭の食卓へご提案しています。

料理は「理(ことわり)」を料(はかる)といいますが、そこには様々な「理」があり、意味があります。伝統や文化、先人の知恵の「理」も料理を通して見ることができ、私たちの生活に寄り添ってきました。
そして、季節や天候などの自然環境や私たちを取り巻く生活環境など様々な影響のもとに、日々の暮らしはあり、また何を体に取り入れるかによって、心も体も大きく変化するのだと思います。

You are what you eat
食は人なり
レッスンを通して美味しいをお届けすることが楽しい時間の共有となり、食や暮らしを見つめることで次の世代へ食文化を繋ぐお手伝いができればと願います。

- yukashi フード・スイーツについて
マクロビオティック、ベジタリアン、ホールフードなどスタイルにとらわれず、講師の海外生活で慣れ親しんだ多国籍文化から得るエッセンスもプラスしながら、オーガニック素材やナチュラル素材が持つ自然の美味しさを丁寧に手作りします。
料理教室では、素材の旨味を引き出すシンプルな調理法をベースとした季節野菜の料理やナチュラルスイーツのレッスン、自然食の離乳食講座を開催しております。

- yukashi 加工品の素材について
安心してお召し上がり頂く為に保存料、添加物の使用をさけ、地元で出会った生産者の皆さんが作る新鮮な旬の無農薬・有機野菜や玄米、厳選した良質な食材、調味料のみを使用しています。
甘味料は、ミネラル分のある含蜜糖、メープルシロップ、米飴、はちみつなどを使用し、ヴィーガンタイプ以外のお菓子に使用する動物性食材には、GMOフリーで健康的に飼育された鶏の卵や良質な乳製品などを選んでいます。
保管の際は、冷暗所もしくは要冷蔵にて保管下さい。
添加物、保存料を一切使用しておりませんので、お早めにお召し上がり頂きますようお願い致します。


---------------------------------------------------------

yukashiでは、素材をいかした調理法と伝統的な食事法をお手本に、地場の旬を頂くことと以下の考え方を大事にしています。

まごわやさしい
日本での昔から馴染みのあるバランスの良い食習慣
ま(まめ)=豆類、ご(ごま)=種実類、わ(わかめ)=海藻類、や(やさい)=緑黄色野菜、淡色野菜、根菜、さ(さかな)=魚介類、し(しいたけ)=きのこ類、い(いも)=いも類

自然食
添加物を使った食品をさけ、有機農作物の食材や伝統製法で無添加の調味料を使用します。白砂糖は使わず、動物性の素材は生産者が分かる安心なものを選びます。

一物全体
生命ある物を自然な状態で丸ごと頂く。野菜なら皮や根も、お米なら白米より微量栄養素が豊富な玄米を。その食べ物が持つ栄養を余すことなく頂きます。

身土不二
私たちが生きる環境(土)は、健康(身)と切り離せない関係(不二)であり、自然のリズムに則して食べることは、暮している場所の気候、風土に適応する体を作ります。
[PR]
by yukashi_cafe | 2008-08-22 20:03 | yukashi について