「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

本年もありがとうございました

産休に入って1年と少し、2016年は子どもたちと変わらず、けど同じ日は一日としてない日々を過ごすことができました。

2月に二人目が授かり、2歳の長男と0歳の長女と共にこの1年は私自身も成長と課題の日々だったように思います。


子どもが増えることは喜びでもあり、自分自身の未熟さを知ることでもあり・・・毎日毎日が反省と喜びの繰り返しだったように思います。

まったなしに成長していく我が子たちを前に、一生懸命向き合って楽しい思い出を作っていたら2016年も残すところあと1日!

振り返ると夏頃から、お仕事の依頼もありがたいことに毎月何かしらいただき、気分転換と心地よい刺激となっていました。

2017年は、春頃からペースを見ながら教室やイベント、ワークショップなど徐々に活動をしていきたいと思っています。
またお付き合いいただけると嬉しいです。


自分の時間はさておき、家庭と子どもたちに費やす日々があっても、長い人生、何も損はないではないかな、と自分に言い聞かせながら、今しかない時間を過ごそうと思います!


今年のクリスマスは、オーストラリアから姉と甥っ子たちが帰国していて賑やかな1日となりました。
c0174121_22521081.jpg

たくさんの抱えきれないくらいのプレゼントをもらった子どもたち。
お目当てのプレゼントを手にした途端、急に静かに・・・
それぞれ黙々と集中して遊びはじめていました。

私たち夫婦から息子への今年のプレゼントは剪定バサミとNo No Yesでオーダーメイドしてもらったレザーケース!
c0174121_08593860.jpg

すっごく格好良くて、使い勝手もよく、息子もパパと同じように自分専用のハサミとケースに喜んでいました。

c0174121_22511185.jpg

今年はローストチキンをメインに、子どもたち用にはピザを焼き、
c0174121_22524272.jpg
飲茶も美味しい広東・四川料理のお店でオードブルを注文して、手間をかけずとも華やかになりました。

c0174121_22535183.jpg
ケーキは毎年焼く、シュトーレン風な洋酒のフルーツケーキ。日をおいて食べても美味しい焼き菓子です。

これは西洋のお祝いのケーキで、オーストラリア暮らしが長かった私の中ではクリスマスといえばケーキはこれ!

20歳の頃からレシピを変えながら焼き続けているので、これが1番しっくりきます。

子どもたちには、即席で生クリームとヨーグルトをホイップして甘さ控えめなパフェをデザートにつくりました。


来年のクリスマスは、デコーレーションを少ししてフルーツケーキを注文販売できたらな・・・と思います。

クリスマスが過ぎれば一気にお正月ムード。
普段行き届かないところのお掃除も徐々に終わり、新年を新たな気分で迎えれそうです。


皆様も良い年をお迎えください。
2016年、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。







[PR]
by yukashi_cafe | 2016-12-31 00:17 | 日常 | Comments(0)
<< 最新のお知らせ 豆腐キッシュランチのケータリング >>