ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

お祝いゴトつづき2

c0174121_10233616.jpg

オーストラリア滞在中に6ヶ月を迎えた息子。
甥っ子のバースデーパーティの翌日でした。

当初、ハーフバースデーのお祝いも離乳食開始も帰国後の予定でしたが、
ごはんを食べたそうにずっとしていたので6ヶ月を機に離乳食スタート。
そして記念のお祝いに甥っ子も食べれられるよう、オーガニック林檎で
ノンシュガーのヴィーガンタルトを焼きました。yukashiレシピです。

c0174121_10233861.jpg

玄米クリーム
はじめは、こんなにシャパシャパなのに喉に詰まらせないか見守りながら食べさせました。

c0174121_1033401.jpg

初日から完食!
息子の器もスプーンも持ってきていなかったので、どうしようか迷い、初日は指であげました。
お母さんの指が1番のスプーンと読み。
2日め以降は、甥っ子たちの木のスプーンを借りました。

c0174121_10334163.jpg

離乳食って記念すべき日です。
お乳を離れる食事と書いて離乳食。ミルク以外のものをはじめて口にする大きな一歩。
この乳児期、幼児期の食事が一生の基板となるのですから、とってもとっても大事。
この日は、日本に居るパパとスカイプをつなげての夕飯と離乳食でした。
姉家族からハーフバースデーのプレゼントとカードをもらい、ロウソクのマネゴト。

c0174121_10233565.jpg

スーパーで見つけた動物の形をしたオーガニックパスタ。
もう少し大きくなったら、これでパスタを作ってあげようと思い買って帰りました。

バースデーパーティ、離乳食とハーフバースデーに続き翌日は。

c0174121_10334347.jpg

アジア人が多く住むBoxHillという街へ新鮮な鯛を買いに出かけ・・・

c0174121_10334477.jpg

2人めの甥っ子のお食い初めを。

オーストラリア人の旦那さんを持ち、海外に住む姉ですが息子たちには日本人らしさも身につけてもらいたいと、日本語教育や日本の行事事も積極的に。
幼い子ども2人(しかも元気な男の子!)を抱えての夕飯作りは想像以上に大変!
私もお手伝いをし、皆でお祝いをしました。

c0174121_10334541.jpg

そして翌日は、またまたバースデーのお祝い。
この日が本当の誕生日だった甥っ子。
ヨーグルトクリームのノンシュガーの手作りケーキで家族だけでお祝い。

c0174121_10334761.jpg

姉夫婦からのプレゼントを豪快に開ける甥っ子。
私は、日本から用意した絵本を3冊と食事用のかわいいトレーをプレゼント。
連日のお祝いは、準備する大人が大変でしたが思いで残る4日間となりました。
一仕事済んだね〜とホッとする私たちでした。
[PR]
by yukashi_cafe | 2014-09-20 10:20 | 子育て | Comments(0)
<< てづくりの離乳食 1 お祝いゴトつづき 1 >>