ブログトップ

yukashi

yukashi.exblog.jp

鳥取ガス サルーテと農場


先週、招待を受け1泊2日で鳥取に行ってきました。
鳥取へは、ここ数年、縁があり何度か訪問しています。

初日、2日目と色々なスケジュールを組んで下さる中、コラムや料理教室の関係でお仕事をさせて頂いている、鳥取ガスのショールーム「サル―テ」と鳥取ガスの自社農場へも。

初日は、鳥取らしい観光場所へもご案内頂きました。

c0174121_9195657.jpg

c0174121_9195721.jpg


らっきょう畑。さらさらの砂地です。
ビーチの砂よりもさらさらでした。らっきょうの収穫を体験しました。
緑の葉の部分は切り取って、焼いて土に戻すそうです。
窓を閉めて車に乗っていても、らっきょうの匂いが車中にありましたよ。
c0174121_9195855.jpg

c0174121_9195836.jpg


鳥取砂丘。
がんばって最後まで歩きました!
ほんのり日焼けしたような。らくだのチェリーと皆で記念撮影しました。

c0174121_9195981.jpg

c0174121_920083.jpg


砂の美術館、機会があれば、足を運んでみてください。
迫力満点ですが、崩れれば修復はしない、はかない芸術です。
ところかしこに、アーティストの遊び心が隠れていて、それを見つけるのも楽しい。

c0174121_920076.jpg

c0174121_920154.jpg

c0174121_920292.jpg

c0174121_920345.jpg


今回、一番楽しみだった鳥取ガスのオーガニックファーム。
砂地栽培で、栽培が難しい面もあり色々工夫をなさっているそうです。
元気いっぱいに、お野菜が実っていました。
こちらのお野菜は、サル―テ館内のカフェランチで使われたり、販売もされています。
私は、yukashiの教室で使うように、コールラビというお野菜とイエローズッキーニを購入しました。

鳥取では、やはりこういった砂地が多いなと感じました。
こんなにサラサラなのに、草が生え、植物が育つことに感心しました。
鳥取大学の、乾燥地研究センター”アリッドドーム”では、乾燥地での栽培などに関しても研究がされ、世界各国から視察に訪れるそうです。
6月の下旬に、農と土作りの部分で再び出張訪問する際に(私は専門外で付添ですが)、アリッドドームへの見学もスケジュールして下さっているので楽しみです。

c0174121_920434.jpg

c0174121_920522.jpg

c0174121_920675.jpg

c0174121_920745.jpg

c0174121_920757.jpg


夜は用意してくださっていた天然温泉の旅館で、ゆっくりと温泉に入って疲れを取り、社の方々との懇親会で美味しい鳥取の海や山の幸を頂きました。
鳥取は、食材の豊富なところで名産が沢山あります。
食材に恵まれているなと毎回思います。

c0174121_920841.jpg

c0174121_920936.jpg

c0174121_9201058.jpg

c0174121_920113.jpg

c0174121_9201190.jpg


翌日は、サル―テを訪問しました。
ちょうど、染物の展示会もしていて、社やスタッフの方々と囲炉裏を囲んで談話し、館内を見学後、農や食に関する意見交換や次回の教室の打ち合わせなど。
サル―テは、オールガス施設で全て自家発電とガスでエネルギーはまかなわれています。
家庭用発電機の展示もあり、これからはこういう時代なのでしょうね。

こうして、違う地域に来て、その土地の物を食べ、見て、お話を聞くと刺激になり、また次へ繋がる道が広がって行くように思いました。
次回の鳥取訪問は2週間後。
次回は、私も勉強になることが満載ですのでしっかりお勉強してきます。

c0174121_9201273.jpg


旅館に迷い込んだコ-ネリアス。
[PR]
by yukashi_cafe | 2012-06-16 01:11 | 日常
<< 朝獲りとうもろこし サンデーマーケット >>